防災・アウトドア、環境・健康関連のレビュー

防災と環境について考えるブログ

台風・豪雨から家や身を守る方法まとめ

2019年8月13日

毎年、夏から秋にかけて台風が多く発生し、日本列島を横断・縦断します。

その勢力は年々強まっていて、各地で大きな被害をもたらしています。

猛威に備えて準備を整えておくことは必要。

今回はそんな「暴風・豪雨への備え」を関連記事リンクと共に掘り下げてみました。

海・河川への備え

台風発生時の大前提として、まず海や河川には近づかないようにすることが大切です。

海は暴風による高潮を招いて危険ですし、河川は豪雨によって水かさが増し、冠水および氾濫を起こす可能性があります。

特に高潮は地形によって陸地にも被害をもたらすことがあるので、注意が必要です。

・海面との差がほとんどない低地にある場合⇒高潮が発生すると海水が街に流れ込んでくる危険性があり(東京都江戸川区など)

・河口部⇒河川の洪水の両方による浸水の危険性あり(木曽三川など)

・湾奥部⇒海水が湾の外に逃げにくく、湾内の水位があがりやすくなる(伊勢湾奥部など)

知人にサーフィンをやっている人がいるのですが、彼は台風のときに好んで海に出かける傾向があります。

今のところは無事ですが、いつか最悪の事態を招かないかと恐れてはいます。

波乗りの人だけでなく、海遊びする人はくれぐれも身の安全を第一に考えて頂きたいと思います。

もし海や河川からの浸水が発生してしまった場合は、できるだけ高い場所に移動して迫りくる水から逃げるようにしてください。

あふれ出した河川の水が街路によって圧縮されて、予想以上の流れや高さを生み出すことがあるので、想像以上に危険です。

⇒津波や洪水の避難・逃げ遅れ対策にライフジャケット(救命胴衣)を!

山ぎわの備え

豪雨によって地盤がゆるみ、それが原因で土砂崩れを起こす危険性がある地域です。

特に家の後ろに山肌や崖がある場合は、その危険は最大限に高まります。

そのための対策は「土砂崩れの可能性がある地域に住まない」こと。

避けられない場合は、2階もしくは崖から少しでも離れた場所で寝ることが大切です。

⇒洪水やバックウォーター、土砂崩れなどの豪雨災害から身を守る方法

都市部の備え

街中で起こりうる暴風・豪雨による被害として「河川の氾濫」「下水の逆流」「道路の冠水」「建造物の飛来や落下」などが予想されます。

河川が洪水となって街に流れ込んできた時、流れや高さがある場合は、高い場所に移動することが大切です。

道路の冠水レベルが比較的に軽い場合は、動きやすい雨具や防護具、トレッキング用のポールなどを使って避難することも勧められます。

浸水・暴風対策

暴風雨が続くと、屋内への雨水の浸水の危険があります。

暴風による窓ガラスの破損など、台風や豪雨が建物にもたらす脅威はバカにはできません。

そうした雨風の防災対策として、実際に試したものを以下のレビューで紹介していますので、対策を立てる際の参考の目安にしてください。

⇒台風の浸水対策!窓枠の溝に網押さえゴムと配管パテを取り付けよう!

⇒台風に備えよう!暴風雨による窓ガラスの飛散防止対策と避難情報!

⇒窓ガラスの暴風雨対策に養生テープを使ってみた!

⇒「プチプチ緩衝材」は即席の窓ガラス飛散防止アイテム!台風や地震から自宅を守ろう!

⇒ゴミ袋で家の中の浸水を防ぐ「簡易水のう」の作り方を紹介【防災】

⇒室外機の存在を忘れないで!台風の暴風雨から守る方法

停電時の対策

台風時には電柱が倒れて電気が止まることがあります。

停電になると照明器具はもちろん、水道やエアコン、調理器具など生活面でかなり不便な状況に陥ってしまいます。

2019年に発生した台風15号の影響で千葉県の各地で停電が相次ぎ、地域民の生活に大きな影響を与えていました。

停電に備えての防災記事をいくつか書いていますので、事前の対策や急場の対応に利用してください。

⇒防災用ヘッドライトおすすめブランド3選

ブラックアウト(全域停電)に備える方法まとめ【番組レビューと考察】

⇒保冷剤を使って冷蔵庫の食材を守ろう!災害で停電になったときの対処法

⇒停電時の電気供給に役立つ「防災用ポータブルバッテリー」4選

⇒高層タワーマンションの浸水に必要な対策と防災グッズを考察

最後に

これまで取り上げてきた台風・豪雨・停電対策をまとめてみました。

毎年災害の規模が大きくなっています。

夏から秋にかけての季節は特に要注意ですので、天気予報を確認しながら早めに準備を整えていきましょう。

Copyright© 防災と環境について考えるブログ , 2021 All Rights Reserved.