防災関連の情報発信とアイテム紹介

防災情報と野外活動のグッズレビュー

停電対策

【停電対策まとめ】電気がない生活をなんとかやり過ごそう!

2022年3月13日

地震や台風、豪雨などの自然災害で一番こうむりやすいインフラ被害が「停電」です。

停電すると困るのは「生活インフラ」が止まってしまうこと。

具体的には、照明、冷蔵庫、お風呂、レンジ、トイレ、通信(電話やネット)などなど・・・

今回は過去に取り上げた停電対策記事をシチュエーション別にまとめて、追記情報を付記してまとめることにしました。

よければ参考にしてくださいね。

停電直後に必要な臨時アイテムはこれだ!

停電すると、全ての照明が消えてしまいます。

こうした時に危ないのが、慌てて動いて怪我をしてしまうこと。

とくに夜間に停電してしまい、それに気づいて起きた時に急に起きて動こうとすると、頭がぼうっとしているのでスムーズに動けません。

その停電が地震によるものだった場合は、床にガラス片や障害物が散らばっているかもしれません。

すると慌てて動いて足元を怪我をしてしまうリスクが増えますよね?

まずはそうした「不意の停電」に備えるためにも、普段から以下のようなものを携帯していると便利になります。

・携帯ライト(マグライト、LEDライトなど)

小型のライトをキーホルダーなどにつけて財布やズボンにつけていると、外先で停電しても明かりが得られます。

さらに夜寝る時に枕元にライトを置いておくと、夜中の停電で慌てずに行動できますよね。

枕元に置いておくべきLEDペンライトの購入レビュー

続きを見る

可能であれば、ヘッドライトを常備しておくこと。

両手が空くので、暗闇を移動するときに手で周りを確認できますし、真っ暗のなかでトイレを使う時も安心して用を足すことができますよ。

両手が使えてアウトドアや防災に便利!ヘッドライトおすすめ【3選】

続きを見る

ほかにも「ケミカルライト」「蓄光シール(テープ)」も手軽で便利です。

ケミカルライトは折るだけで光るので簡単ですし、水に入れたコップに入れると照明になります。

暗闇で光る!ケミカルライト購入&実践レビュー【停電対策】

続きを見る

蓄光シール(テープ)は蓄光剤を塗っているので、明るい場所に置いて置くと数時間以上も明るさをキープしてくれますよ。

蓄光シール購入&使用感レビュー!貼るだけで明るくなる停電対策グッズです

続きを見る

さらに自宅であれば「スリッパ」を用意していくと良いですね。

自宅だと靴を脱いでいるでしょうから、停電で移動するときにスリッパを履くと足を傷つけずに済みます。

就寝時にも枕元に置いていくだけで安心ですよ。

防災用スリッパおすすめ3選

続きを見る

私は折り畳み式の靴を置いて寝ているので、なにかあってもそのままそれを履いて室外に移動することを想定してますね。

収納と持ち運びが便利!「折りたたみ靴」レビュー

続きを見る

ほかにも不意の停電で役立つアイテムをいくつか紹介していますので、以下の記事を参考にしてください。

地震直後の対処法と緊急の防災グッズおすすめ【10選】

続きを見る

生活に不可欠な「電気」を確保しよう

災害で受けた停電のインパクトをなんとかクリアしても、電気が回復するまでに生活を続けなければいけません。

大きな災害だと復旧までに最低でも3日は見た方が良いと思われます。

発電機が設置されてある避難所やマンションであれば、最低限の電気は確保することができるでしょうが、それでも生活に必要なこまごまとした電源の確保は厳しくなるかもしれません。

そんなときに電源を自前で作れるツールがあると、めちゃくちゃ便利ですよね?

ポータブル電源はそれを可能にしてくれます。

【停電と電気代節約に役立つ】ポータブル電源・発電機まとめ情報

続きを見る

ノーマルタイプのポータブル電源は事前に電気を備蓄しておかないといけませんが、最近のものはたいていソーラーパネルがついているので、ゼロの状態から電気を確保することができますよ。

さらに便利なのが発電機です。

こちらもゼロの状態から電気を作ることが可能。

ただし動力源に石油が必要なので、屋内の使用は厳禁ですよ。

屋内で使用厳禁の防災アイテムを3点紹介します

続きを見る

そして最強なのが電気自動車(EV)

防災に便利な電気・水素自動車について紹介

続きを見る

バッテリーに貯めた電気で走行する車ですが、備蓄する電気の量が大きいので、かなりの電源が確保できるのがメリットです。

EV車の良いところは、電源の確保のほか、移動範囲や運べる荷物の量が大きくなるということ。

被災地の外に避難することも可能ですし、外部で必要な物資を運ぶのにも役立ちますよ。

もっとも手軽に電気を確保できるものがこちらです。

それが「乾電池」

長期保存できる乾電池まとめ3選【10年以上】

続きを見る

電気を詰め込んだ乾電池は、持ち運びが非常に便利で使用範囲もものすごく広いです。

生活に必要な小物類の電源のほとんどは乾電池で賄えるのではないでしょうか?

照明に特化したアイテムとしては、水で光るLEDライトもおすすめです。

水だけで光るLEDライト購入レビュー

続きを見る

その名の通りに水につけるだけで数日間点灯がキープされるので、災害時には便利です。

ただしオン・オフのスイッチがないので、鍋などに入れておくとランタン代わりになりますよ。

そして最後が「ろうそく」です。

シンプルですよね。

でもこれが意外に役立つんです。

私も被災しているときに使っていました。

ライターやマッチがあれば使えますし、息を吹きかけるだけで消せますから。

ただし火災につながる危険があるので、水を張ったお皿などを土台にすると良いですね。

24時間以上使用可能の「非常用ろうそく」を紹介

続きを見る

これら6つのツールのうち、どれか一つでも持っていると、かなり被災後の生活が楽になりますので、ぜひとも事前の準備を検討してみてくださいね。

通話・連絡に必要なツールはこれ

停電してしまうと、固定電話やインターネット環境も厳しくなります。

テレビも見れなくなりますし、スマホも基地局が被災していたり、無事だったとしてもスマホそのものの電源が目減りしていきます。

外部との連絡や情報の確保は生活以上に大切。

最低でもスマホとラジオの電源は確保しておきたいですよね?

電源そのものは先ほど紹介したポータブル電源や乾電池でも代用可能です。

そのうえでスマホであればポータブルバッテリーがあると安心。

スマホ用の電池交換式モバイルバッテリーレビュー

続きを見る

ラジオも乾電池やバッテリー接続でチャージできるものがあるので、それを使うことで必要な情報を確保できます。

専用の防災ラジオになると、ライトや手回しの電源チャージャーもついているので、一つ持っておくと便利ですね。

災害時に安心感を得られる!防災ラジオおすすめ5選

続きを見る

停電後の「生活の安定」に必要なアイテム

 

停電のショックを乗り越えて、電源を確保し、外部との通信手段もなんとか取り揃えれた後は、生活の安定でしょう。

私自身の被災経験から、電気が通じていない3日~1週間の間で無事に普段の生活を取り戻すためには、以下の3つの条件が必要だと感じました。

・住環境の確保

・食べもの・飲みものの確保

・衛生面の確保

ではそれぞれについて紹介していきましょう。

住環境の確保について

「住環境の確保」は自宅が無事であれば問題ありませんよね。

ただ全壊だったりすると別の場所に避難せざるを得ないですし、半壊で済んだとしても、それまでどおりの感覚で住み続けるのは厳しいかと思います。

もし半壊状態でも自宅に住むことを決意したならば、テントなどのサポートアイテムがあると改善されるのでは?

いわゆる「室内テント生活」というやつです。

防災・アウトドア用テントおすすめ8選

続きを見る

寝泊まりするために設計されたテントは雨漏りや風にも対応できるようになっていますし、半壊で隙間風や天井からの雨漏りがある場合でも十分にしのげますので、けっこうおすすめです。

避難所で持ち込みが可能な場合は、プライベート空間が確保できるテントはおすすめですよ。

同じく段ボールで簡単に組み立てられるベッドもあると便利です(体が楽になり、疲れが取れます)

段ボールからテントタイプまで!災害・簡易ベッドおすすめ3選

続きを見る

車で避難生活をする場合は、頻繁に体を動かして水分を取ることをおすすめしますよ。

座った同じ姿勢を取り続けていると、血栓ができて命の危険も出てきますので、関節部分のストレッチを小まめに行うようにしましょう。

災害時に起こりやすいエコノミークラス症候群の対処法

続きを見る

もし車での避難をする場合、キャンピングカーがあると生活は一変します。

地震や停電時に役立つキャンピングカー情報・車中泊で注意すべき点

続きを見る

家と同じでレベルの間取りと生活環境が保証されますので、アウトドアや防災アイテムとしてかなり優れものです。

地震の揺れでも倒壊することはありませんし、何かの際にもすぐに移動できる機動性も最高です。

余裕があれば、購入を検討してみては如何でしょうか?

食べもの・飲みものの確保について

生きるために絶対に必要なもの、それが食べ物・飲みものです。

電気がしばらく通じない被災直後の生活では、そのまま食べられる防災食がおすすめですね。

スタンダードな缶詰から温めなくても食べられる食品、ドライフーズなど、まずはこのあたりを優先して揃えることをおすすめしたいところ。

電気が確保できるという前提であれば、お湯を温めて食べられるレトルトフーズやパッククッキングなどが良いでしょうね。

災害用の非常食・長期保存ドリンクおすすめ【10種類】

続きを見る

その際はカセットコンロを用意しておくと便利です。

【防災】調理器具とカセットコンロ・ストーブ【7選】

続きを見る

飲みものに関しては、ミネラルウォーターを備蓄しておくことが大事ですし、できれば長期保存用のものが安心ですね。

長期保存用ミネラルウォーターおすすめ9選

続きを見る

もし備蓄が足りていない時は、雨水で集水したり、風呂の水を利用することも可能。

防災向きの雨水タンク・集水ネット紹介

続きを見る

私も阪神淡路大震災で避難した時にお世話になった知り合いの家の方が、雨水を集水して生活排水に利用していたのを見て「すごいな」と感心した覚えがあります。

飲み水に使うのであれば、煮沸殺菌か、専用のツールで濾過しておきましょう。

携帯用の浄水器おすすめブランド3選

続きを見る

どちらも用意しておくと安心ですね。

ビタミンやミネラルを必要とするのであれば、保存用の野菜ジュースやサプリなども良いと思います。

防災用ビタミン・ミネラル入り非常食・飲料おすすめ【4選】

続きを見る

もしどうしても冷蔵する必要があるのであれば、冷凍庫に事前に保冷剤を多めに用意しておくことで、停電後も少しの間は要冷蔵の食品を保存しておくことができますよ。

保冷剤を使って冷蔵庫の食材を守ろう【停電時の対処法】

続きを見る

衛生面の確保について

電気が通っていない場合は、お風呂やトイレが使えないことも考えられます。

とくにマンションなどの高層住宅の場合は、上層階に水を送り込むためのポンプが停電で動かなくなることが想定されます。

水回りの確保はまずは飲料水に回すべきなので、生活用水は後回しになりがち。

とはいえ、お風呂や歯磨き、トイレなどで必要な水は衛生面のキープに不可欠ですね。

さきほど紹介した雨水からの集水などが難しい場合は、できるだけ水を使わずに済ます必要がありますよ。

そのために役立つアイテムはこちらです。

非常用トイレ

【非常用トイレまとめ】災害時に使う時の注意点・おすすめ防災トイレ

続きを見る

匂いを封じ込める袋(生ごみや大便用)

排泄物の匂いが漏れない!「BOS うんちが臭わない袋」レビュー

続きを見る

水を使わない歯ブラシ

災害時の口腔衛生ケアにおすすめ「歯磨きティッシュ」購入レビュー!

続きを見る

体拭きティッシュ

災害時でお風呂が使えないときに便利「からだふきタオル」レビュー

続きを見る

髪の毛を洗える手袋

災害時に水を使わずに髪の毛を洗える「ウェット手袋」レビュー!

続きを見る

長期間の避難生活には向きませんが、3日から7日程度のレベルであれば、なんとかこれらでしのげると思いますよ。

まとめ

以上が停電後の生活で必要になるだろう必須アイテム&情報まとめです。

電気は他の生活インフラの中でも比較的に早く復旧すると思われますので、とりあえずは今回紹介したもので対応は可能だと思います。

災害直後の大変な時期を乗り切るための緊急アイテムとして、ぜひ参考にしてもらえればと思いますよ。

その他の停電向き情報

災害時に役立つLPガスについて【震災時のガス対応】

続きを見る

ブラックアウト(全域停電)に備える方法

続きを見る

高層タワーマンションの浸水対策と防災グッズを紹介

続きを見る

Copyright© 防災情報と野外活動のグッズレビュー , 2022 All Rights Reserved.