いざという時の備えのために

防災と災害について考えるブログ

【NHKスペシャル】「ブラックアウトに備える」番組レビューと対策まとめ

地震によって発生する大停電「ブラックアウト」。

今まで日本では起こらないと言われてきましたが、昨年の北海道地震で実際に発生してしまいました。

そこで起こった様々なトラブルや問題、そしてその対応策をNHKスペシャルで紹介されたのが、

巨大都市 大停電~”ブラックアウト”にどう備える~

です。

今回はその番組内容のレビューを中心にまとめていきたいと思います。

ブラックアウトで発生した非常事態

まず最初に昨年の9月に起こった北海道肝振地震直後で起きた大停電(ブラックアウト)についてです。

このときの大停電は、日本で初めての大規模なブラックアウトといわれ、その規模も道内全域に広がっています。

ちょうど昨年のNHKスペシャルでもブラックアウトについて特集を組んでおり、そのときに書いたレビューでも、

電力の供給が停止する、それも大規模なレベルで発生することを「ブラックアウト」といいます。

北海道では「苫東厚真火力発電所」が道内全域に電気を供給する拠点となっていました。

しかし地震によって同発電所が自動停止し、それに引きずられる形で他の3か所の火力発電所も次々に停止していきました。

その結果起きたのが、ブラックアウト(大規模停電)。

「NHKスペシャル 北海道 激震」レビュー!土砂災害と停電(ブラックアウト)がもたらしたものは?より

としています。

復旧まで45時間かかったといわれる停電ですが、今回の放送ではその被害の模様がより詳細に述べられていました。

まずもっとも懸念されたのが、医療機関での停電です。

番組では災害拠点病院(重篤救急患者の救命医療などを担う)での災害直後の映像を流しており、暗くなった病院では、すぐに非常用発電機を使って電力を復旧させて、電気を戻している様子が映されていました。

救急患者の受け入れ態勢を整えつつ、燃料の備蓄はあるものの、電気がいつ回復するかわからないため、医師や看護師も不安に陥っている様子が映像からもはっきり分かります。

そのブラックアウトから4時間後に、周辺の4つの医療機関からの要請で、症状の重い患者が次々に搬送されてきました。

搬送元になった病院では、非常用電源は確保していましたが、60人ほどの重症患者がおり、発電機の燃料は2日分しかないということ。

停電が長引けば、全ての電力が止まってしまう危険があるため、特に人工呼吸器が欠かせない患者によっては命に関わる事態になったといいます。

最初の総合病院は受け入れを決定しますが、ここでも電力の供給が再開されない限り、やはり備蓄電力の枯渇は時間の問題でした。

被害は病院現場だけでなく、電力不足によって起きた「北海道全土(ほぼ)の信号停止による交通事故」も重なりました。

一般家庭では、札幌ではブラックアウトから8時間後に、非常用発電機の燃料の底のついたマンションが次々に停電に陥っています。

オール電化のためシャワーや調理器具も使えなくなくなり、高層マンションのエレベーターも休止、食料などを入手するために非常階段を何度も上り下りする事態になっていました。

特に切実だったのは、電動の給水ポンプが止まったために起こった断水で、緊急用の給水袋を確保したにも関わらず、エレベーターが動かないために、高齢者は運ぶことができません。

そこでマンション住民の高校生がSNSで救援ボランティアを求めたため、30人以上の中高生が駆け付けて水を運んで事態を凌いだのですが、もしこうした救援が届かない場合は、おそらく水や食料を階上に運ぶ手段すら欠くことになります。

そして、連絡網となるインターネット・SNSなどに必要な通信網も寸断されつつあったという事実・・

道内の停電後、電力会社は電力供給網を非常用電源に切り替えましたが、ブラックアウトから8時間後、発電が始まらない限りは非常用電源ももたなくなることが判明します。

そこで全国からフェリーで非常用電源車を集めて電力供給が再開されるまでの期間をもたせることになったといいます。

それでも全ての電力を供給することはできず、約16万回線が通信障害に。

非常用電源の確保は心がけているが、電力が数日間にわたり供給されない事態が発生すると、通信を維持することが難しくなるということ・・・・

ここからさらに物流網も直撃することになり、スーパーに商品を搬送する物流センターにも影響が及んだということです。

商品を仕分けする自動システムも停電で停止し、従業員が総出で手作業で仕分けを行った結果、、スーパーやコンビニでは商品がなくなる状態が一週間以上も続いたといいます。

コープ札幌の専務理事さん曰く「電気があるという前提で、すべての情報とモノが動くという仕組みになっている」

これらによる経済的影響は約1,300億円にのぼるといい、官民ともに甚大な被害を北海道全土にもたらしたの地震後のブラックアウトでした。

スポンサーリンク

ブラックアウト後の一般家庭でできる対策法とは?

ここで少し自分自身の体験を交えて、前半の放送分の感想を述べていきたいと思います。

まず最初の医療機関での停電については、公共インフラにつながる部分が大きいため、個人レベルでの対策は難しいでしょう。

あくまで病院側の備蓄電力の確保、病院同士の連携、電力供給網の可能な限り迅速な再開でしか解決できないレベルだと思います。

続く停電時の交通事故は、これはもう、電気が停まってしまったら、外出は避けることに尽きます。

どうしても車での移動を余儀なくされた場合は、できる限り落ち着いてゆっくりと運転することが大切です。

マンションの電力ストップですが、これは私自身がマンション住まいを続けていることもあるので、かなり切実です。

まず照明器具は、LEDランタンや、長時間タイプのろうそくがあると、電気に頼らずに光量を確保することができます。

⇒災害時には「非常用ろうそく」を!(25時間使用可能)

室内の移動時もヘッドランプをつけていると、両手がフリーになるので、転倒などの室内事故も防ぎやすいでしょう。

⇒災害時の照明に便利!ペツルのヘッドライト購入レビュー!【PETZL TIKKINA E91AB】

オール電化設備の停止に関しては、調理器具はガスコンロを備蓄しておくこと、シャワーなども介護用の手袋型のシャンプー素材やボディ用ウェットティッシュなどの備蓄で代替が可能になります。

⇒災害時に水を使わずに髪の毛を洗える「ウェット手袋」レビュー!

⇒災害時でお風呂が使えないときに便利!「からだふきタオル」レビュー!

トイレに関しても、水を送るポンプが止まっているときは、排泄物を水で流すことができません。

そのために災害用のトイレグッズを揃えておくことが大切。

⇒災害時のトイレに役立つ!排泄物を固める凝固剤をレビュー!

⇒災害時のトイレ処理に便利!高吸水性樹脂1㎏を購入&実践レビュー!

水を使わずに固めて処理できるので、とりあえずの急場はしのげます。

水や食料も、普段からの備蓄で凌ぐのが一番賢明でしょう(運ぶ必要がないため)

⇒【非常食・飲料まとめ】災害用の備蓄食料&飲料水を紹介!

どうしても水や食料などの援助物資を運び込む必要があるときは、マンション防災用の階段避難車や昇降車での持ち運ぶを行うのも良いかなと考えましたが、これも手で荷物を持つ必要がなくなるだけで、結局は健康な人や介助者の存在が必要になるので、基本的には人の確保が重要になりそうな気がしました(ただし高齢者や怪我人の階段での移動には必要)

created by Rinker
コーケンメディカル
¥257,530 (2019/11/18 05:28:14時点 Amazon調べ-詳細)

普段からの個人宅での備蓄か、自治会や管理組合があるのであれば、共有スペースなどに住民の備蓄食料や水を確保しておいて、それを随時運んでいく方法があるでしょう。

ただその場合は共有スペースが住宅の中層階以上にあることがポイントになるので、やはり基本は備蓄が一番賢明なのではないかと思います。

残りのインターネットなどの通信網の寸断に関しては、サーバーのダウンや通信会社そのものの障害である場合は、個人でできることはないと思います。

ただ通信網が健在で、電力の不足そのものが問題である場合は、乾電池式の充電器やポータブルバッテリーなどを用意しておくと、急場は凌げるとは思うので、これもいざという時のために今から揃えて置いておいても損はないと思いますね。

⇒災害時の電力不足に!電池交換式モバイルバッテリーの使用感レビュー

⇒停電時の電気供給に!防災用ポータブルバッテリーおすすめ5選

では続けて番組のレビューに戻りましょう。

巨大都市でブラックアウトが起こったら?

スタジオでは地震研究や検証を行う二人の大学教授が出演していました。

そこでは北海道地震でブラックアウトを経験して感じたことなどを発言しており、女性の教授は「テレビがつかなくなったり、情報が入ってこなくなることが気になった」と仰っていました。

先が見えなくなる不安、それが一番大きいといいます。

続けてネットで検索された「災害に関する単語」を時系列で並べていました。

ブラックアウト発生直後北海道電力、バス、タクシー、高速道路、運行、銀行、ATM

解消直後品薄、牛乳、離乳食

4日後ガスコンロ、軽油、発電機

時間が経つにつれて検索される言葉が異なっているのが分かります。

そのときに必要とされる物資や情報の違いが分かるので、今後起きうる同じ停電時に必要な生の言葉が知れて、ここはかなり個人的に参考になりました。

続けて北海道の大学教授の発言ですが、この方はそのときにマンションで暮らしていたので、水の供給がいつ再開されるのか不安だったといいます。

水不足はどのような災害時でも起こりうる事態なので、これは個人レベルでも確実に備蓄することで不安を解消していきたいところです。

長期保存用の水も市販で売られていますので、ぜひとも普段から揃えていきたいと思いますね。

⇒【非常用飲料まとめ】おすすめ9選!ネットで購入できる災害備蓄用の水を紹介!【保存可能年数別】

そして巨大都市でのブラックアウト。

首都直下型地震南海トラフ巨大地震です。

東京、大阪、名古屋の3都市が範囲となるため、人口密集地域で起こる災害の被害は甚大なものになると想定されています。

番組では、人口密度が東京で最も高い豊島区で想定訓練の実施について触れていました。

同区は防災に力を入れてきたきっかけは「北海道地震で起きたブラックアウト」だったといいます。

もし首都直下型地震が起こると、震度7の揺れ、死者23,000人が想定されており、地震が発生すると、被災地外からの支援が本格化するまで3日と考えられ、その間は被災地の中だけで対応しなければならないとしています。

ここで実際に地震が発生した時の様子を、ドラマで描いていました。

ドラマでは北海道地震後のブラックアウトと同じ状況が発生し、非常用発電機の電力が尽きつつあり、病院では人工透析の患者などの死亡もあり得るとということ。

水を送るポンプの電力停止が発生したことによる水不足の深刻化や、病院での電力備蓄の枯渇による病院機器の停止の危機など、さまざまなトラブルが映しだされていました。

これらの多くは個人レベルでは対応できないために、行政による努力が望まれる部分です。

最後に述べた豊島区の区長の言葉「災害対策に終わりはないのです」は、災害列島日本に住む我々にとっても同じだなと思いました。

豊島区のブラックアウトへの備えについて

こうした中、東京ではブラックアウトへの備えが進んでいるといいます。

この秋から豊島区で新たに走ることになる電気バス「IKE BUS」は緊急時には電源車に変わる機能を備えているとか!

下記はイケバスの紹介動画ですが、この観光型周遊バスに非常時の電源を備えるということ。

 

 

搭載された供給電力はスマートフォン2000台以上の充電が可能のほか、避難所や医療現場での連携など幅広い用途で使うことができるといいます。

他にも停電に備えて持ち運びしやすい給水タンクも用意し、一つで約330人に水を届けるようにする試みなど、豊島区の防災に対する前向きな姿勢は並々ならぬものがあります。

こうした行政区の防災への取り組みのほか、東京電力などの電力会社も緊急時に電力を供給しあう対策が練られており、地域ごとに異なる電力システムの変換をスムーズに行うために、鉄塔などの新たな送電インフラを建設中だそうです。

国による電力備蓄システムの建設も進み、風力や太陽パネルによる再生エネルギーなど、国家規模での災害対策が急ピッチで進められているということで、日本全体でまさに「国土強靭化計画」が着々と進められていることが分かりました。

そうした災害対策費用の総額は7兆円といわれ、その額の多寡に対する国民の理解も必要だということで、防災に対する私たちの覚悟も問われそうですね。

まとめ

番組の最後では、北海道地震を経験した女性の大学教授が自分で用意している災害用スーツケースを披露していました。

着替えや日用品、ティッシュなど、いざというときの防災グッズを詰めて持ち運びできるようにしたということで、普段はリュックに詰め込んでいる私ですが、スーツケースでのパッキングも重量物の移動には必要かなと参考になりましたね。

今回の放送では北海道地震後に発生したブラックアウトについて取り上げていましたが、そこで起きる電力供給の遮断で受ける社会や個人レベルでの様々な被害は、今までの自分の想像を越えてはるかに広範囲に渡ることを改めて確認することができました。

インフラに関することは行政や国レベルでの対応が必須になりますが、それ以外の個人レベルで可能なことは、普段の何もないときにこそコツコツと実施していくことが大切だなと思わされた放送回でもあります。

今後も防災に必要な情報や対策グッズを取り上げていければなと思いますね。

【北海道地震】最大震度7と広域停電が発生!災害前後の心得を検証してみた!

6日の午前3時8分、北海道南西部の肝振地方を震源とする、マグニチュード7クラスの地震が発生しました。 震源の深さは約40キロで、北海道全域で被害が出ているようです。 北海道で震度7の地震、9人死亡 3 ...

続きを見る


おすすめ【防災用】電気自動車・ドローンについて

おすすめ【災害時の備え】非常用食料&飲料水まとめ




-地震情報

Copyright© 防災と災害について考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.