いざという時の備えのために

防災と災害について考えるブログ

災害時に水を使わずに髪の毛を洗える「ウェット手袋」レビュー!

2018年7月29日

被災時に便利なウェット手袋の紹介です。

今回取り寄せたのがこちら。

f:id:chocomale:20180729222313j:image

どちらかというと女性向けのようなパッケージデザインですが、もちろん男性も使えます。

水が不足する被災地では、かなり役立ちそうな一品ですが、その使い心地は如何に?

では早速、レビューをご覧いただきましょう!


「ウェット手袋」使用レビュー!

パッケージ写真の裏面です。

f:id:chocomale:20180729222306j:image

水なしで使えるということで、防災時はもちろん、介護にも役立ちそうです。

f:id:chocomale:20180729222301j:image

中身です。

f:id:chocomale:20180729222256j:image

開封すると、フローラルで清潔感溢れる「華やかな香り」がふわっと広がります。

f:id:chocomale:20180729222251j:image

左右の手袋があります。

手の甲

f:id:chocomale:20180729222518j:image

手のひら

f:id:chocomale:20180729222524j:image

着用してみると、濡れていますが、ベトベトした感触はありません。

適度な湿り気というのでしょうか、ウェットティッシュを少し湿らせた感じの、さっぱりした感覚があります。

頭を洗ってみますと・・

f:id:chocomale:20180729222513j:image

洗うというよりも、拭くという感じでしょうか?

べとつかず、サラッと拭けます。

f:id:chocomale:20180729222508j:image

ヒンヤリしていて使い心地はよいですね。

髪の毛や地肌の脂気が取れた感じがします。

使用後は髪の毛がさらりとして、なかなか気持ちようございました^^

まとめ

想像していたよりも、あっさりした使い心地でした。

f:id:chocomale:20180729222503j:image

本当はもっとウェット感が強くて、髪の毛がべとべとになるくらいの「ウェット感」を期待していましたが、そうなると商品自体の重さも出てきますので、やはりこの程度の湿り気が携帯衛生用品としては適度なのでしょう。

手袋を湿らせて髪の毛を洗うという視点はなかなか斬新で、これは確かに水が不足しやすい被災地では重宝されるだろうなあと感心しました。

一袋500円ほどなので、平均的な4人家族で3日分と考えると、

「4人分×3日間=12個」⇒「12個×500円=6000円」

全部で6000円ほどの出費になるでしょうか?

もちろん人数や備蓄日数などは各家庭によって変わってきますので、あくまで目安ですが・・・

髪の毛の不快は精神状態にも影響しますし、特に女性は汚れが気になるでしょうから、このくらいの出費は非常用として仕方ないのかもしれませんね。

というわけで、水を使わない防災用の衛生用品「ウェット手袋」は、なかなかの使い心地で、髪の毛も頭皮もすっきりした!という感想レビューでした^^

created by Rinker
四国紙販売株式会社
¥1,525 (2019/12/15 14:32:06時点 Amazon調べ-詳細)

【介護・災害時向けのシャワーキット】



⇒服を着たまま、寝たまま洗髪【ルームシャンプー】

【水を使わないボディタオル】

⇒災害時でお風呂が使えないときに便利!「からだふきタオル」レビュー!

【歯を磨けるウェットティッシュ】

⇒災害時の口腔衛生ケアにおすすめ「歯磨きティッシュ」購入レビュー!

スポンサーリンク




-衛生用品

Copyright© 防災と災害について考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.