防災関連の情報発信とアイテム紹介

防災と対策ブログ

装備・避難具

いざという時に身を守ってくれる防災・アウトドアの衣服・装備品まとめ

2022年11月10日

災害時や野外で普段着のままで動き回っているとケガをしますよね?

飛び散ったガラス片や倒壊した家屋の壁、むき出しの釘や鋭くとがった木片、木々の棘やギザギザの岩肌・・・

人間の柔らかい肌や無防備な頭部がそこに当たると「非常に危ない」です。

そんなときに身につけておいた方が良いのが「防災・アウトドア用の装備品」です。

服や靴、手袋やヘルメット、帽子などが貴方や大切な人の安全を確保してくれます。

もちろん完ぺきではないですが、身につけておくのとそうでないのでは、ケガをする確率がグッと変わってきますよ。

今回はこれまでに当ブログで紹介してきたアイテムを中心に、身の安全を守る衣服や装備品をピックアップしていきますね。


スポンサーリンク


手足の安全を確保してくれるアイテム

手袋・軍足・防災靴

手足は人体でもっとも酷使する場所であり、ケガをしやすい場所です。

災害時やアウトドア活動ではとくにその危険が高まります。

病院インフラが機能していない同環境下では、少しのケガが命取りになることもあり得ます。

そんな「万が一」のケガを防ぐために手足を守ってくれるのが「手袋」「軍足」「防災靴」です。

手袋

手袋は切ったり擦ったりする衝撃に強いものを身につけるべきです。

耐切創グローブと呼ばれるものが、それに対応しますね。

防刃・耐切創グローブおすすめ3選

続きを見る

軍足

軍足は網目状の繊維が素足を落下物や靴に入り込んだ木片、ガラス片から守ってくれます。

created by Rinker
川西工業
¥820 (2022/12/04 23:36:49時点 Amazon調べ-詳細)
災害時に手足を保護する「軍手・軍足」レビュー

続きを見る

指ごとに分かれているので、健康にも良いですね。

繊維も粗目なので「蒸れにくい」かと思います。

蒸れは足の疲れや怪我につながりやすいので、ベビーパウダーを振りかけておくと良いと思います。

ジョンソン・ベビーパウダーで足の裏を清潔に保つ方法

続きを見る

続けて「靴」です。

通常の靴だと、災害後の倒壊物の釘などの障害物を踏み抜いてしまう危険があります。

靴の生地が柔らかいと、道路に散乱しているコンクリート片や木造の柱の破片で穴が開いてしまうリスクもあります。

そんなときは防災用や作業用のシューズが足をしっかり守ってくれます。

災害時の足元を守る!防災用シューズまとめ5選

続きを見る

通常の靴でも踏み抜き防止用のインソールを敷いておくと、同じ効果を得られますよ。

created by Rinker
ミドリ安全
¥1,430 (2022/12/04 12:37:09時点 Amazon調べ-詳細)

スリッパ

次は室内用のスリッパです。

無防備な家の中で災害に遭遇した時が一番、足をケガしやすいです。

とくに就寝時の震災は寝起きの状態で対応しなければいけないため、気が動転していたり、まだ眠気があったりで、素足のままで室内を歩いてしまう危険もありえます。

震災後の室内は食器棚や家具の倒壊で、様々なものが床に散らばっている可能性があるので、安全のためにスリッパを枕元に置いておくことをおすすめします。

通常のスリッパでも良いのですが、防災用の強靭なタイプだと、より安全の確保が容易になりますよ。

すぐに逃げ出せる!防災用スリッパおすすめ3選

続きを見る

ウォーターシューズ

最後に水場の活動や水害時で役に立つ「ウォーターシューズ」を紹介します。

防水機能がついたシューズを履いておくと、水で靴が重くなることがなく、身軽に移動できます。

また水害時では汚れた水に素肌をさらすことで「衛生面」でリスクが出てきますので、可能であれば釣り用のウェーダ―を用意しておくと便利かもしれませんね。

水害時に便利なウォーターシューズと汚水移動で気を付けるべき点を紹介

続きを見る

むき出しの頭部を守ってくれる防備アイテム

頭部は人体でもっとも重要な場所です。

ここをケガをしたり、強く打ってしまうと、思考や意識に問題が出てきてしまい、安全な行動ができなくなります。

他の部分は多少のケガでもなんとかやり過ごせますが、頭部のケガは命に関わって来るので、どんな状況でも安全確保は最優先されるべきです。

ヘルメット

そのための第一の必須アイテムは「ヘルメット」

作業時でも災害時でも、まずはこのツールを持ち出して被ることが必須です。

災害時はとくに何が落ちてくるか分からないので、必ず被るようにしましょう。

通常のヘルメットでもかまいませんし、

キャップタイプでもOKです。

created by Rinker
DICプラスチック
¥3,024 (2022/12/05 03:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

段ボールタイプは見た目はカッコ悪いですが、伸縮性や弾力性に優れているので、防災用はもちろん、枕代わりにもなりますよ。

created by Rinker
アウトリーチ
¥2,728 (2022/12/05 05:26:27時点 Amazon調べ-詳細)
国家検定合格品の防災用ヘルメットおすすめ3選+1

続きを見る

防災頭巾

お子さんの場合は、ヘルメットのサイズや強度が合わないことがあります。

その場合は無理をせず、防災頭巾で代用しましょう。

火災や衝撃にも強いので、柔らかい児童の頭部をしっかり守ってくれるはずですよ。

created by Rinker
デビカ
¥1,755 (2022/12/05 03:37:57時点 Amazon調べ-詳細)
防災頭巾の意味とおすすめメーカーの商品3選を紹介

続きを見る

危険や不潔から体を守ってくれる衣料品

アウトドア系の衣服

災害時やアウトドアで身につけておくと、外気や障害物から身を守ってくれる衣服になります。

防災でも兼用できる「アウトドア」系のものを揃ておくとまず大丈夫です。

上着は夏場でも長袖がおすすめです。

インナーも動きやすく、強度のあるタイプがおすすめ。

ズボンもアウトドアやワークタイプが安全ですね。

ライフジャケット

水場の活動や水害時に用意しておくと安全なのが、ライフジャケットになります(国土交通省の認定品をおすすめします)

【津波や浸水で役立つ】ライフジャケットおすすめ4選

続きを見る

防火エプロン・カバー

調理の際の着火を防ぐための防火エプロン・アームカバーがこちら。

自宅やキャンプで火を扱う際に、誤って衣服に着火してしまうのを防いでくれます。

火災を起こしやすい、高齢者の一人暮らしに揃えておくと安心ですよ。

衣服を選ぶときのポイント

最後に衣服に関して一つ。

女性はあまり女性らしい色あいのものを選ばない方が良いです。

災害時は治安が悪化していますので、女性だと分かると、付け狙われる危険があります。

避難所でもそうですし、自宅避難の際でも、できるだけ男性が身につけるようなものを着たり、洗濯もので干しておくと、男性の存在を確認させることができるので、少しでも犯罪者の目をくらますことができますよ。

下着もトランクスなど、男性が履くようなものがおすすめですね。

被災地の避難所での性被害をどうやって食い止めるのか?

続きを見る

下着に関しては、男女ともに使い捨てのものを選んでおくと、水が不足する災害後の生活で選択の手間を省くことができますよ。

洗濯不要の使い捨て下着を紹介【3選】

続きを見る

身につける装備品アイテム

リュック・ポーチ

身につける装備品で便利なのが「リュック・ポーチ」です。

被災時の避難や移動で、できるだけ多くのものを持ち運びたいと思うものです。

車が使えない被災時は頼りになるのが徒歩になるので、持ち運ぶための装備が必要になりますね。

そんなときはアウトドアのリュックが役に立ちます。

created by Rinker
MILLET(ミレー)
¥11,571 (2022/12/05 05:26:32時点 Amazon調べ-詳細)
防災・アウトドア用リュックおすすめ【3選】

続きを見る

リュックサックは両手が空くので非常に便利ですよね。

同じく「両手が空く」ウェストポーチも小物や貴重品を入れられるので、こちらもあると助かりますね。

created by Rinker
Coleman(コールマン)
¥3,535 (2022/12/05 05:26:33時点 Amazon調べ-詳細)
寝起きにサッと持ち出せる!災害時のウェストポーチおすすめ【3選】

続きを見る

リュックで運びきれない荷物を運ぶためのワゴンがあると、車がないときの移動だったり、車までの距離を少しでも楽に歩くことができますよ。

そんなカーゴの紹介と、リュックで荷物をできるだけ軽く担ぐためのポイントを以下の記事で説明していますので、ご参考までに。

背負っても疲れにくいリュックの詰め方&荷物を運ぶワゴン紹介

続きを見る

ヘッドライト

そしてもう一つの「あったら便利な装備品」は「ヘッドライト」です。

リュックもそうですが、ヘッドライトも「両手が空く」ところがポイントです。

頭に装着したまま両手が空くので、停電時でもトイレしやすいですし、停電になった屋内を移動するときも手が使えるので安心です。

もともと日の光の入らない炭鉱などの作業用に開発されたようなので、電気が通じない災害時の室内での仕様はもってこいですよね。

個人的にはフランスのぺツルのメーカーのものが「照射度が高い」のでおすすめですよ。

災害・アウトドア用のヘッドライトおすすめ【3選】

続きを見る

まとめ

災害時やアウトドアでは普段の生活と違って、身の危険につながるものが多くあります。

病院やそれに準じる施設が近くになかったり、機能していない環境では、少しのケガが命とりになります。

そのために少しでも身の安全を守るためのアイテムを普段から揃えておき、いざという時のために備えておくことが大事です。

ご自身や大切な周りの人を守るためにも、ぜひ色々な状況を想定して「装備品」の備蓄を検討してみてくださいね。

今回の情報が皆さんのお役に立てれば幸いです。




スポンサーリンク

Copyright© 防災と対策ブログ , 2022 All Rights Reserved.