いざという時の備えのために

防災について考えるブログ

防災用テント比較まとめ9選

2018年2月18日

阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本大震災など、ここ20年の間に大型地震が幾度も日本の国土を襲っています。

そのたびに被災した方々は避難所を一時シェルターとして、家屋が復旧するまでの間、過ごすことを余儀なくされています。

ただ避難所生活はプライバシーが保護されることが少なく、騒音やプライバシー問題で他の避難家族とトラブルにあったり、手狭なために窮屈な避難所生活で健康を害したりと、さまざまな問題があります。

これを防ぐために、近年ではテントの活用が広まっているようです。





どのようなテントが避難生活(防災用)に向いているのか

アウトドアメーカーのモンベルによれば、

遊びと災害時の両方を想定して、これからテントを選ぶとしたら、「ムーンライトテント」がおすすめです。

災害用に用途を限定して持っておくより、“普段は遊びで使いながら、いざというときには住居にもなる”という意識で、使いながら備えておくことが重要です。

「モンベル | 暮らしの中の防災 ~アウトドアの知識をいかす~ 」より

月明りで設営できるということは、組み立てがそれだけ簡単だということでしょう。

前室にスペースがあるというのも、収納の面で安心材料になりますね。

もちろん同様もしくはそれ以上の機能をもった他メーカーのテントが多く市販されています。

中でも「ポップアップテント」と呼ばれる簡易式のテントが人気です。

瞬間的に組み立てられるので、テントの知識がない人にも簡単に野外生活が楽しめるということ。

アウトドアやバイクのツーリングなどの一人旅にもよく使われているようですね。

さらに「プライバシーテント」というのも、防災用におすすめになっています。

通常のアウトドア用テントよりも、さらにもう一歩「災害避難」に特化した作りになっているので、ぜひ推奨したいアイテム。

そんな便利かつ防災に使えるテントを以下にまとめてみました。

1:モンベル

日本の総合アウトドアブランドです。

上記に述べた「ムーンライトテント」が有名です。

居住空間が広く、サイズが多いので世帯人数に合わせてチョイスできます。

前室(荷物を置ける雨に濡れない軒先)スペースも確保可能。

耐水圧も1,500~2,000mmと十分となっています。

「ムーンライト」の名称は「月明りでも簡単に設営できるように設計された」からきています。

バランスの良い設計と組み立てやすさを求める人におすすめ。

2:スノーピーク

新潟県三条に本拠をもつ日本のアウトドアブランドです。

業界トップレベルの品質と洗練されたデザイン、幅広い品ぞろえが国内有数の人気を誇ります。

ユーザー目線で作られたテントは居住性や耐久性はもちろん、見た目の良さも秀逸。

ジュラルミン製のポールが使われているので強度面も十分、耐水圧は1,800㎜あって安心です。

商品の不具合があれば、修理や交換が可能というアフターサービスの良さも魅力。

サービスに高い満足感を求める人におすすめですね。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥43,900 (2021/04/18 15:49:42時点 Amazon調べ-詳細)

3:ハスキー

ヨーロッパのキャンパーや冒険家、軍隊に愛用されているチェコ製のテントです。

その品質は折り紙つき。

ヨーロッパを中心に世界21か国・取り扱い店舗数200もの愛用者がいる人気ブランドとなっています。

風に強く、ポール部分に航空素材に使われているジェラルミンが使用されています。

耐水圧も7,000㎜と強力でファスナー部の設計もしっかりしているので、強風雨のときも安心

そのほかにも室内の換気や寒さ対策、一人で設営できる手軽さなどマルチな使い勝手と頑丈さが魅力です。

プロ仕様の本格テントを求めている人におすすめです。

4:コールマン

アメリカ発のアウトドア用品ランドです。

日本でも抜群の知名度を誇っており、長年によって培われた安心と信頼性が最大の魅力といえます。

すべてのテントのフライシートには軽量で防水性に優れ、紫外線の劣化に強い生地「UVPRO」が使われています。

ブランドの中でも最もハイスペックの「ウェザーマスター」シリーズは、換気性に優れたブリーズドームやオールシーズンタイプあり。

かなりの程度の水圧に耐えるように設計されているため(10,000mm)、屋外でテントを張る際はかなり役立ちます。

高品質なテントを求めている方におすすめです。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥57,151 (2021/04/18 18:22:38時点 Amazon調べ-詳細)

5:ロゴス

同じく雨風に強いタイプとしては、ロゴスのテントがあります。

ロゴスは創業80年を越える日本のアウトドア用品メーカー。

日本で初めてホームセンターでキャンプ用品を販売したブランドとしても知られています。

その歴史ゆえか機能性だけでなく価格帯もお手頃なものの多く、家族向けのテントとしても有用です。

耐久性も悪くなく、航空機の素材に使われる「7075超々ジュラルミン」をポールに使用。

タープも耐水圧が3,000mmあるため防水加工も問題ありません。

タープ設営も可能ですので(タープ:支柱の上部にシートが付いた「日差しや風、雨」などを防ぐ広い布)、屋外の使用も最適です。

国産ブランドの安心感を求めるユーザーにおすすめです。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥23,000 (2021/04/18 15:49:44時点 Amazon調べ-詳細)

6:ケシュア

同タイプのワンタッチ式テントとしては「ケシュア」も推奨されています。

フランスのスポーツ・アウトドア用品チェーン「デカトロンの」オリジナルブランドです。

設計から製造まですべて自社工程になっており、品質テストもクリアした安心のテント。

低価格ながら質の高い品ぞろえが魅力。

ポップアップテントは数秒で設営が可能。

ポールがないため軽量にできており、持ち運びにも便利です。

価格帯も手ごろなので初心者にもおすすめです。

created by Rinker
Quechua(ケシュア)
¥18,620 (2021/04/18 15:49:43時点 Amazon調べ-詳細)

7:DOD(旧ドッペルギャンガー)

若者に人気のある国産ブランドです。

ツーリングなどのアクティブなアウトドア用にデザインされたものが多くなっています。

設営時間は約15秒ということで、テント初心者や女性にも嬉しい仕様。

ポップでお洒落なデザインというイメージですが、メッシュ生地への切り替えが可能なところや、シートに1500㎜の耐水性が備わっているなど、テントそのものの品質も優れています。

片づけ方が少し難しいという意見がレビューでは見られましたが、防災用に臨時に使うのであれば特に問題ないかもしれませんね。

小人数や一人用の手軽なテントを求めるユーザーにおすすめです。

8:サングッド「災害避難時用テント」

これまでのアウトドア仕様のワンタッチ系テントとは一味違った「災害用」に特化したテントです。

一人用の場合は「縦置き」「横置き」の2通りに対応。

高さも身長175センチの方でも十分に余裕があります。

組み立ても簡単で、袋から取り出してフレームを整えるだけでワンタッチで完成します。

大人一人が立っても寝転がっても余裕の広さなので、通常のテントの使い方以外にも、着替え用やトイレにも使えます。

明かりのためのランタン用のベルトやトイレットペーパーをひっかけるためのベルトもあるので、アウトドアにも災害にも便利。

扉チャックを締めればプライバシーも保てるので、災害時の避難やアウトドアにもおすすめですね

9:武田コーポレーション「キューブテント」

同じく災害用に特化した一人用テントです。

サイズが正方形になっているので、上の写真のように簡易の机や椅子を入れて仕事や勉強、ゲームなどの作業用にも使えます

避難時でも仕事や勉強を続けたい人にとっては、まさにうってつけの空間になりそうですね。

天井や側面に開け閉め自在の窓が設置しているので、換気にも対応しています。

収納に便利は袋タイプになっていて、使う時はパッと広げるだけですぐに使用可能

災害時はもちろん、アウトドアや自宅や仕事場でのプライベート空間として便利なポップアップ型キューブテントはかなりおすすめです。

テントが避難生活に向いている理由

登山家で有名な野口健さんが全国各地の市町村で避難場所でのテントの活用を前提にした「テント村」の指導を行っています。

ピーク時571人が暮らした「テント村」 野口健さんが支援体験記 熊本地震

野中さんは、熊本大震災の際にもテント村を開設していたということだそう。

「プライベートな空間があり、周囲の騒音に神経質になる必要がない。特に子供がいる家族に喜ばれた」と述べており、その際の経験を著書に記しているそうです。

現地では自治体との確執についても上げながらも、テント村の有効性はあったとし、「普段からレジャーでテントに慣れ親しんで欲しい」と訴えかけています。

テントは野外生活用に設計されているので、避難生活を送る際にも役立つのは想像できます。

その他の利点についても納得させられる点が多いです。

・プライベート空間が確保できる

・狭い居住空間によるエコノミー症候群の心配がない

・倒壊の心配がない

・出入り口が確保できる

・通気性が良いので夏場の避難生活に向いている

以上は野口さんを始めとした専門家の意見です。

中でも特に注目したいのが「プライベート空間の確保」

災害時はただでさえ精神的に参っています。

ささいなことで、家族や周りとのトラブルが発生しがち。

テントだとある程度のプライベート空間が保証されます。

少なくとも人の目を気にせずにいられる安心感はあるでしょう。

不特定多数の避難所では女性の着替えを覗こうとするものもいます。

テントはそれらをシャットアウトできる良さがありますね。

被災地の避難所での性被害をどうやって食い止めるのか?【防犯法】

続きを見る

狭い居住空間におけるエコノミー症候群は、車中泊でも起こり得る症状です。

同じ姿勢を取り続けることで足に血栓ができ、それが肺にまで到達して動脈を詰まらせる症状です。

災害時に起こりやすいエコノミークラス症候群の対処法

続きを見る

エコノミー症候群を防ぐために、自由に手足を伸ばせる場所が必要。

テントはプライベート空間と、エコノミー症候群を予防するために、ぜひとも準備しておきたいアイテムの一つといえますね。

まとめ

以上、ショップサイトや専門家の情報サイトを参考に「防災テント」の候補を上げさせてもらいました。

私自身は、阪神・淡路大震災の際は自宅が全壊したために、一時避難として家屋以外の場所をシェルターにしていました。

幸い被害の少なかった知人の家にお世話になることができ、避難生活の半分ほどをそこで過ごさせて頂いた経験があります(残りは車中泊)。

ただもしこれから大型災害が自分の住む町を襲ったらと考えると、やはりこうした避難用のテントは事前に用意しておく必要があるなと感じますね。

災害はいつどこで起きるのか分からないので、できれば早めに準備しておきたいところ。

今回の記事がテント選びの参考になれば幸いです。

ads

人気記事

Copyright© 防災について考えるブログ , 2021 All Rights Reserved.