装備・ウェア

被災時や野外活動で足をしっかり守ってくれる靴下おすすめ3選

2023年11月24日

被災時や野外活動(アウトドア)で活躍する靴下の紹介です。

日常とは違うタフな環境でタフな使用に耐えうる靴下として、ぜひともおすすめしたい「足の守護神」。

プロが仕事で使う専門家モデルから、一般で認知されている大衆モデル、健康のことを考えたヘルシーモデルまで、それぞれ3つを紹介していきたいと思います。

*本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

靴下おすすめ3選

ガッツマン

自衛隊御用達のプロモデルです。

重い装備を持って長距離を歩く「行軍」用に作られたため、その機能性と頑丈さは半端ではありません(100キロ行軍にも耐えることができます)

立ち仕事で足が疲れやすいため、私も友人の紹介でこの靴下を買って毎日を「疲れ無し」で過ごしているほど。

生地が分厚く、最初の履き心地は正直「キツイ」ですが、履いているうちに馴染んでくるのが特徴。

そのぶん「頑丈さ」「疲労感の軽減」がすごいことになっています。

普段の靴下はけっこうすぐに破れてくるのですが、この靴下はその兆候が全く見えませんし、足の疲れもすごく減りました。

指が分かれているタイプとノーマルタイプがありますが、個人的には「履きやすい」ノーマルタイプがおすすめですかね(人によると思います)

被災時やアウトドア環境下での使用はもちろん、運動にも役立つ逸品ですよ。

created by Rinker
GUTS-MAN (ガッツマン)
¥2,690 (2024/06/21 11:15:06時点 Amazon調べ-詳細)
自衛隊用の靴下「ガッツマン」で足の疲れが激減した体験談

続きを見る

軍足

戦前の旧日本軍が使っていたクラシカルモデルです。

編まれて作られているため、通気性も良く、発汗にも対応してくれます。

同時に伸縮性に優れているので、機能性も抜群。

袋状に設計されていて、かかとへの負担が少ないのも特徴です。

切り傷や擦り傷に強いため、靴を履かずに行動する時も、最低限の足の保護を担ってくれます。

指の形に足先が分かれているのも、疲れにくさに一役買ってくれますよ。

安価でホームセンターで手に入れることができる「お買い求め安さ」も魅力。

古くからある伝統の「足の守り神」として、被災時やアウトドアにぜひどうぞ。

created by Rinker
co-cos nobuoka(コーコス信岡)
¥1,269 (2024/06/20 17:17:59時点 Amazon調べ-詳細)
災害時に手足を保護する「軍手・軍足」レビュー

続きを見る

弾性ソックス

特殊な編み方で「血流を促進する」靴下です。

この靴下の役割は「長時間のフライト」や「車中泊」など、狭い空間に長い時間「同じ姿勢」でいることで起こる「エコノミー症候群」から足を守ることにあります。

エコノミー症候群になると、本来は足の血流を盛んにする「ふくらはぎ」の血管が詰まってしまい、ひどくなると心臓近くまで伸びていき、動脈を詰まらせるリスクがあります。

命に関わる症状になるため、狭い空間でいたとしても、できるだけ足先を動かしたり、血管を詰まらせないように水分を多くとる必要があります。

ただ災害時はどちらもなかなか難しい状況にあることが想定されるため(避難場所が限られている・水不足)、固定した状態でも血流を動かす工夫が求められます。

弾性ソックスは足の静脈の血流を良くする働きを持っているため、動けない状況でも比較的にエコノミー症候群の発症を予防することが期待できます。

災害時の健康サポートグッズとして、ぜひ備蓄しておきたいアイテムだと思います。

災害時に起こりやすいエコノミークラス症候群の対処法

続きを見る

まとめ

災害時やアウトドアに役立つ靴下を3選紹介させてもらいました。

頑丈で動きやすい、疲れにくいタイプから、健康サポートに役立つモデルまで、非常時の仕様に耐えうるソックスの組み合わせになっているかと思います。

非常時だけでなく、仕事や運動、家事や育児のサポート靴下として、ぜひと役立てていただければと思います。

[Ads]

-装備・ウェア

error: Content is protected !!

Copyright© 防災を考えるブログ , 2024 All Rights Reserved.