防災関連の情報発信とアイテム紹介

防災情報と野外活動のグッズレビュー

グッズまとめ 非常食・飲料まとめ

地震直後の対処法と緊急の防災グッズおすすめ【10選】

2020年9月12日

就寝中に突然地震が発生した時、どうやって対処したら良いのでしょうか?

そのときに事前に用意しておいた方が良いものや、普段から備えておいた方がよい対処法は?

または外出時に地震に襲われたときに、家までたどり着くまでの防災グッズは?

そんな疑問について考えた結果を以下にまとめてみました。


地震直後の対処法

グラグラと激しい揺れがきて目が覚めた時。

寝起きで頭がもうろうとするなかで「何が起きたのか」と把握するのはなかなか難しいと思います。

危険が迫っていると感じで飛び起きるのは、少々危険です。

なぜなら「天井から物が落下する」「家具が飛んでくる」危険があるからです。

こういうときは、

・頭を隠す場所があれば(机など)その下に避難して飛来物から身を守る

・布団をかぶって「ダンゴムシ」の姿勢で頭と首の後ろを両手で守って「身を縮める」

ことが大事です。

シェイクアウトってなんだ?~その目的と参加する意義について

続きを見る

【防災本】コロナ防災マニュアルの感想と要約まとめ

続きを見る

窓が近くにあれば、割れて飛散する危険があるため、離れることも重要ですね

そのあと地震が少し収まったときに、辺りを伺いつつ、家の中の安全(家族やペットの安全確認、火の元の確認、避難経路の確認)を行うことです。

そのための「安全確認グッズ」を見ていきましょう。

緊急避難アイテム

1・スリッパ・靴

防災用スリッパおすすめ3選

続きを見る

収納と持ち運びが便利!「折りたたみ靴」レビュー

続きを見る

部屋のものが散乱していると、ガラスや倒壊した家具などで床が危険な状態になっています。

停電していると、暗闇で周りが見えないので、起き上がって移動するときに床に転がった散乱物で転倒したり、足を切って怪我をする危険性があります。

なので、何よりも必要なのが「足元の安全」なのです。

そのための防災グッズとしては、

スリッパもしくはが必須です。

とくにスリッパはそのままサッとはけるので、スムーズにその場から移動できます。

スリッパはどの家にも常備しているものなので、とくに買い揃えておく必要がないのもポイント。

寝る前に枕元やベッド脇に置いておくだけでも良いですね。

靴があればもっと安全性は増すので、普段使わない内履きや、携帯用のシューズを購入しておけばベストです。

私の場合は、どちらかが揺れで飛んでいったときのことを考えて「折り畳み式のシューズ」「スリッパ」を並べて枕元に置くようにしています。

2・ライト

枕元に置いておくべきLEDペンライトの購入レビュー

続きを見る

両手が空いて便利なペツルのヘッドライト購入レビュー

続きを見る

暗闇で光る!ケミカルライト購入&実践レビュー【停電対策】

続きを見る

地震だけでなく、台風などでも電気が止まってしまうと、停電で部屋の中が真っ暗になります。

夜間の就寝中に起きてしまうと、昼間のように外の光が期待できないので、完全に視界が塞がれてしまいます。

私の震災体験でも、泊まっていた友人の部屋の電気は停電していて、真っ暗になった部屋から手探りで外に出ないといけませんでした。

そんなときの視界の確保のために、携帯しやすいハンディなマグライトやペンライト、簡易ライトがおすすめです。

枕元やベッド脇に「ライト」を置いておくことで、足元を照らして、屋外への脱出に役立ちます。

両手が空くヘッドライトでも良いですね。

頭に装着できて両手の自由が効くので、何かを掴む時に非常に便利ですよ。

3・手袋

防刃・耐切創グローブおすすめ3選

続きを見る

激しい揺れの後の部屋は家具や食器が散乱していたり、家屋の一部が破損していたりするので、大変危険です。

素手や素足では怪我をしてしまうので、どちらも守る必要があります。

足は最初に紹介したスリッパや靴で対応するとして、手は手袋で保護することをおすすめします。

軍手でも良いですが、できれば耐切創手袋を使うとより安全です。

耐切創手袋は切りつける角度に強いため、ガラス片や木片などの落下物から手を守ってくれます。

ただ鋭利な突起物の刺さってくる衝撃には弱いので、何かを触る時は慎重に行うことが必須です。

4・衛生グッズ

傷口の殺菌や保護にサッと役立つ応急グッズ紹介

続きを見る

消毒液やバンドエイドなどの簡単な応急グッズになります。

最低限の衛生グッズがあると、避難時に怪我をしても最低限の処置ができるので安心です。

応急の衛生グッズとしてだけでなく、補修や食器の除菌などにも使えるので便利ですよ。

どれもサイズが小さくて持ち運びしやすいのも「緊急脱出用」にぴったりですね。

5・身分証明書・財布・スマホ(バッテリー)

スマホ用の電池交換式モバイルバッテリーレビュー

続きを見る

防災グッズの小物入れポシェット3種類を紹介

続きを見る

外で物を買う時や、公共施設で手続きをするとき、連絡を取り合う時に必要になります。

身分証は免許証や健康保険証、マイナンバーカード、財布は3万円があればベスト(小銭も)、スマホは専用バッテリーを同時に持っておくと良いですね。

まとめて収納できるウェストポーチがあるとより便利です。

6・携帯トイレ

【非常用トイレまとめ】災害時に使う時の注意点・おすすめ防災トイレ

続きを見る

外先で地震や災害にあったとき、断水だったり、利用者が溢れている場合はトイレそのものを使うことが困難になります。

そんなときにあると便利なのが「非常用の携帯トイレ」です。

その場で使える袋と尿を固める溶剤などが入っているので、基本的にはいつでもどこでも用を足せます。

もちろん場所を選ぶ必要がありますが、断水でトイレが使えない、トイレが壊れている、大勢の人が利用したトイレが不潔というときに、すごく役立つアイテムです。

7・ペットボトルの水

長期保存用ミネラルウォーターおすすめ9選

続きを見る

人間は食べ物がなくても「水」さえあれば「生存」は可能です。

逆に言うと「水」がなければ、喉の渇きや疲労の蓄積、血中濃度の上昇などで、体力や気力を奪われていきます。

なので水は絶対に常備しておきたいアイテムです。

容量がほどよく手頃で、重さもそれほどないので持ち運びに便利なので、サイズは持ち運びがしやすい500mlがベスト。

余裕があれば、500mlの水を2本用意しておいて、いつでも飲める用、長期保存用という感じに分ければベストじゃないでしょうか?

8・ドライフルーツ・ナッツ

ドライフルーツ&ナッツ実食レビューと防災バッグのおすすめ収納

続きを見る

乾燥したフルーツ、ピーナッツやアーモンド、くるみなどの栄養価が高いナッツ類がおすすめです。

どちらも保存が効いて、ビタミン・ミネラルが豊富。

ナッツは、脂肪分が多くカロリーも抜群、なによりお腹もちがすごく良いです。

フルーツは、甘酸っぱくて、疲労を癒してくれるところがおすすめポイントですね。

これらの良いところは「保存性が抜群」「軽量で持ち運びしやすい」ところ。

小袋に詰めてポケットに入れていても良いですし、大きめのパックに詰めてリュックに入れても嵩張りません。

どちらかだけでも良いですが、個人的には2つをブレンドして携帯することをおすすめしますよ。

9・カロリーメイト

【ロングライフ カロリーメイト】3年長期保存の備蓄食レビュー

続きを見る

歯が弱いのでナッツやドライフルーツは固いという高齢者は、カロリーメイトがおすすめかと思います。

柔らかいクッキー風なので、噛むことに問題はないでしょう。

栄養も満点で、スポーツやアウトドアで失ったビタミンやミネラル、たんぱく質を満遍なく補えるように作られています。

病人の緊急食にも使えるので、まさに防災にはうってつけではないでしょうか。

個包装されていて軽量なので、持ち運びに便利な点もおすすめポイントですね。

一つ欠点があるとすれば、口の中を水分を奪うこと。

なのでお茶や水と一緒に食べることをお勧めします。

created by Rinker
カロリーメイト
¥10,480 (2022/05/19 11:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

10・ペットの避難グッズ

ペットも家族の一員!愛犬・愛猫・愛鳥用の防災グッズ紹介!

続きを見る

犬や猫、鳥などのペットも大切な家族の一員です。

人間の避難と同じように、できるだけ早めのうちに防災避難グッズを準備しておいてあげてください。

用意すべき必要最低限のグッズは「移動用キャリー(かご)」「暖色系のタオル(光を遮断するため)」「餌」「水」の3つです。

病気があれば「薬」もあると安心です。

大きな地震が起きると、多かれ少なかれパニックになります。

そうなると人間の避難だけに精一杯になりますので、そうなった時を想定して、必ずペット用の避難道具は事前に用意しておくようにしてくださいね。

すぐに脱出できるように揃えておきたい

以上の対処法とグッズを事前に揃えておくことで、つつがなく無事に脱出できる可能性がグンと高まります。

最近見た防災ニュースでも、夜の地震で起きた時の対処や必須グッズ、避難経路の安全確保について取り上げており「参考になるな」と思い、ツイートさせてもらいました。

脱出後も最低限の体力と気力を確保できるので、余裕をもってそれからの生活の目途を立てることができると思います。

まずは身の安全を確保すること、次に避難後の行動力を確保することが大事ですね。

今回の記事が参考になれば幸いです。

Copyright© 防災情報と野外活動のグッズレビュー , 2022 All Rights Reserved.