防災関連の情報発信とアイテム紹介

防災情報と野外活動のグッズレビュー

グッズまとめ

【非常用トイレまとめ】災害時に使う時の注意点・おすすめ防災トイレ

2017年3月17日

台風や地震などで水道が使えなくなったり、避難生活を余儀なくされた場合に困るのが「トイレ」です。

大災害の場合だと、ほぼ上下水道等のインフラクチャ―が機能しなくなります。

日ごろから使い慣れている水洗トイレで用を足せなくなると、右往左往するもの。

かくいう私も阪神淡路大震災のときは、トイレをする場所やした後の処理に苦労しました。

⇒【災害体験】20年前の阪神淡路大震災で体験したこと、感じた事

そんなときのための防災用のトイレ。

女性が使用しても良いように、プライバシーに気を配ったものまであります。

さらには地震後のトイレ使用は「汚水の逆流」のリスクがあり、室内がえらいことになってしまう危険をもっています。

そうならないために役立つのが「防災トイレ」

ということで、まずは災害時に起こりえる「トイレ使用のリスク」について紹介した後、おすすめの防災トイレを取り上げていきたいと思います。

災害時に防災用トイレを使うべき理由

大きな地震が起きた後に自宅のトイレを今まで通りに使うのはちょっと危険です。

なぜなら「地震の影響で排水管などが破損している可能性がある」からです。

下水を流す排水管が地震の揺れで穴が開いていたり、割れていたりすると、そこから漏れてしまい、建物内部の腐食させてしまうリスクがあります。

ほかにも上下水道が使えなくなったときに、お風呂の水や貯めた雨水などで排水することがあるかと思います。

そのときに無理やり流し続けていると、どこかで詰まってしまい、逆流する可能性もあるわけです(とくに集合住宅)

実は私は阪神淡路大震災のときに思い切り「お風呂の水」を用を足すときに排水用として使っていました。

そのときは特に問題はなかったのですが、最近ツイッターで「大きな地震の後のトイレの使用は排水管からの汚水の逆流を招く危険がある」という情報を知り、「あっ・・自分やってたな」と気づいたわけです。

そしてお風呂の水や雨水を使うリスクについても。

上記で引用ツイートさせてもらった専門家の方が示されていた国のホームページでも「災害時のトイレの使い方」の情報があったので、こちらも要チェック案件です。

このような感じで、災害時とくに大きな地震の後のトイレの使用は基本的に避けたほうが良いということですね。

そのための選択肢の一つが防災トイレ(簡易トイレ)ということ。

ではそのおすすめトイレを以下に紹介していきますね!

防災用トイレ【3選】

1・サニクリーン簡単トイレ(総合サービス)


災害対策用トイレ サニタクリーン便袋

洋式便器の上にかぶせて用を足すタイプです。

水が流せなくなった場合を想定して作られているので、用を足した後の汚物は凝固シートで固められて廃棄できる仕組みになっているようです。

排泄物が入る袋内に凝固シートが接着されているので、事前に薬剤等を準備する手間もなく、簡単に設置・処理できところが便利ですね。

電気のつかないトイレでささっと素早く済ませるときに、すごく役立ちそうな気がします。

created by Rinker
サニタクリーン
¥770 (2022/05/22 13:25:46時点 Amazon調べ-詳細)

2・ほっ!トイレ(エクセルシア)


新・ほっ!トイレ

付属のポリ袋を体にすっぽり被って、事前に作っておいた型紙の中に用を足すタイプです。(しゃがんで行うので和式タイプとなっています)

こちらも廃棄後の排泄物は凝固剤で固めるタイプなので、処理が非常に便利です。

製品自体がかさ張らないので収納しやすいのと、トイレがなかったり、使えない状況で、特に女性や子供が野外で用を足す場合に役に立つのではないでしょうか。

もちろんその場合には周辺に家族や知人・友人の信頼できる誰かが見張りに立って、安全を確保することが大事かと思います。

created by Rinker
エクセルシア
¥2,200 (2022/05/22 14:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

3・BOS非常用トイレセット(クリロン化成)


BOS非常用トイレセット ~使い方~

洋式便座に袋をかぶせて中に薬剤を入れ、そこで処理するタイプです。

独自の防臭加工を施した防臭袋と内袋で匂いを強力にカットするので、排泄後にすぐに処理できない場合でも大丈夫なように作られているようですね。

排泄物の匂いは夏場だと大変なものになるでしょうから、こうした防臭加工は必要不可欠以外のなにものでもないでしょう。

トイレから汚水が逆流してしまった時の対処法

災害後に自宅トイレを使って汚水が逆流してしまった場合の対処法です。

台風や豪雨災害で「下水管が詰まって」逆流するケースでも使えます。

あくまで臨時の対処法ですが、以下の記事で内容をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

災害時のトイレ使用の注意点と、非常用トイレを紹介させてもらいました。

最後は下水の逆流を防ぐための対処法リンクを上げましたので、全体的には「水の災害」への対処法まとめになっていたかなと思います。

大地震のリスクは日本全国で日々高まっています。

非常時に向いたトイレを用意して万が一の災害に備えましょう。

震災で痛感した水とトイレの大切さと簡単な非常用トイレの作り方

続きを見る

Copyright© 防災情報と野外活動のグッズレビュー , 2022 All Rights Reserved.