防災・ホームケア情報やアウトドアグッズの紹介レビュー

防災とアウトドア情報ブログ

【防災セット】自分で揃えるのが面倒な人におすすめ3選

2018年7月2日

災害時のための「防災用品」の紹介です。

いざというときに、防災用品の一式がまとめられていれば避難が楽になりますよね。

でも防災の知識がないと、どんなものにすればよいか迷ってしまいがち。

そんなときに便利なのが、必要なものが一式揃えられている「防災セット」です。

自分で買い足す必要もなく、部屋に置いておくだけで安心感が持てます。

店舗だとホームセンターや東急ハンズ、ロフトで入手できますし、近くに扱っている店舗がない場合は、ネットで販売されている防災セットがおすすめです。

今回はネット販売の防災セットの中で特に「これは欲しい」と自分自身が感じたものを紹介します。


防災セットおすすめ3選

1位:Defend future

防災士が被災者の声から作った「災害後3日間を生き抜く事を念頭においた」防災セットです。

100ページを超える防災マニュアル(PDF)も含まれていて、かなり細やかな防災行動への注意喚起が期待できます。

他社製品にはない「5年保証」付きなので、中身が経年劣化しても無料で交換してもらえます(耐用年数が限られているもの、誤使用や事故によるものは除く)

22リットルの適度なサイズも魅力的。疲れにくいです。

2020年の楽天デイリーランキング「日用品雑貨・文具」(1月18日)・「防災関連グッズ」(5月19日)・「防災セット・非常用持ち出し」(5月23日)3部門1位を獲得した人気の防災セットになっています。

【リュックの特徴】

・持ち運びで疲れにくい「22リットル」サイズ

・撥水加工

・サイドポケットにペットボトル収納可

【価格】13,800円・5年保証付き・無料交換あり

2位:アットレスキュー

お洒落な見た目の防災セットです。

防災リュックに見えないので家の中のどこに置いても違和感がありません。

いざという時にサッと持ち出せて避難できるのが防災セットの役割なので、普段から部屋のどこにでも置けるこのラピタはまさにその役目にピッタリ。

防水仕様で反射材もついており、遭難や避難時での上空からの発見にも役立ちます。

容量も24ℓと重すぎず、軽すぎずの適量サイズなので、女性でも持ち運びが手軽に。

楽天「防災ランキング」2017・2018年度で連続1位を獲得したロングセラー商品です。

【リュックの特徴】

・24リットル収納可能

・水に強いファスナー

・ハンドル部分と背面に蓄光材・反射材を使用

・チェストベルト(腰まわり)付き

・テントで使用されているターポン生地を使用(丈夫で水に強い)

【価格】19,800円

3位:フェリシモ

女性向けの生活雑貨通販サイト「フェリシモ」の防災セットです。

宇宙をイメージした防災グッズの数々は、見た目も機能性もかなり高めです。

防災グッズというと男性目線の武骨なものが多いですが、こちらは女性目線で作られたデザインの美しさとクリーンさ、実際の災害時を想定した物系グッズが厳選されています。

2015年の発売開始以来、累計で2万5千点を売り上げている大人気の防災グッズは見た目も機能性もかなりおすすめです。

食料品が入っていないのが唯一の欠点ですが、そこはデザインと機能性重視のグッズということで仕方ないですかね。

災害時に塞みこみがちになりがちな気分のときにこれを持って入れば、明るい色彩と宇宙デザインの見た目のおかげで元気が出てくる良さはありだと思います(ストレス解消効果)。

【リュックの特徴】

・ポリエチレン(不織布)

・ポリエステル100%

・サイズ/縦約37.5cm、横約27cm、まち幅約15.5cm

・耐荷重/6.5kg

・折り畳みが可能

【価格】17,600円

【非会員の申し込み方法】

①トップ画面の「会員登録」ボタンをクリックして申し込みページに移る

②会員登録を行う

【会員登録後の購入方法】

①トップ画面の「検索キーワード入力」のボックスで「スペースエマージェンシーキット」または「防災」か「防災グッズ」と打ち込む

②目的の商品「スペースエマージェンシーキット」が表示されるのでクリックする

③「ショッピングバッグに入れる」をクリックする

まとめ

防災グッズの大切さはよく分かっているけど、自分でまとめるとなると、どれを選んだら良いか分からないという人のために3点を紹介させてもらいました。

防災セットは一度揃えてしまえば、あとはそのまま常備しておけるので非常に便利だと思います。

購入した後は必ず中身を確認し、使用期限や耐用年数をチェックすることが大事です。

定期的に補充や交換を行うようにしておけば完璧ですので、ぜひとも万が一の際の「命の砦」として活用してください。

Copyright© 防災とアウトドア情報ブログ , 2021 All Rights Reserved.