いざという時の備えのために

防災と災害について考えるブログ

防災セット比較レビュー3選【無料交換・保証つき】

2018年7月2日

災害時のための「防災用品」の紹介です。

いざというときに、防災用品の一式がまとめられていれば避難が楽になりますよね。

でも防災の知識がないと、どんなものにすればよいか迷ってしまいがち。

そんなときに便利なのが、必要なものが一式揃えられている「防災セット」です。

自分で買い足す必要もなく、部屋に置いておくだけで安心感が持てます。

店舗だとホームセンターや東急ハンズ、ロフトで入手できますし、近くに扱っている店舗がない場合は、ネットで販売されている防災セットがおすすめです。

今回はネット販売の防災セットの中で特に「これは欲しい」と自分自身が感じたものを紹介します。


防災セットおすすめ3選

Defend future「防災セット Relief」(保証付き・無料交換あり)

ディフィンドフューチャー

防災士が被災者の声から作った「災害後3日間を生き抜く事を念頭においた」防災セットです。

100ページを超える防災マニュアル(PDF)も含まれていて、かなり細やかな防災行動への注意喚起が期待できます。

他社製品にはない「5年保証」付きなので、中身が経年劣化しても無料で交換してもらえます(耐用年数が限られているもの、誤使用や事故によるものは除く)

22リットルの適度なサイズも魅力的。疲れにくいです。

2020年の楽天デイリーランキング「日用品雑貨・文具」(1月18日)・「防災関連グッズ」(5月19日)・「防災セット・非常用持ち出し」(5月23日)3部門1位を獲得した人気の防災セットになっています。

【リュックの特徴】

・持ち運びで疲れにくい「22リットル」サイズ

・撥水加工

・サイドポケットにペットボトル収納可

【収納アイテム一覧】

ダイナモラジオライト、ダイナモラジオ付属充電ケーブル、5年保存水(500ml)、アルファ米、ハウス食品LLヒートレスカレー、パワーブストようかん、10リットルウォータータンク、エアーマット、アルミブランケット、ホイッスル、洗濯パック、5年保存ボディタオル、シャンプー手袋、5年保存ウェットティッシュ、歯ブラシ、救急セット、簡易トイレ(3枚)、ポータブルウォシュレット、目隠しポンチョ、防災マニュアル(PDF)、Dカード、追加物チェックシート

【価格】13,800円・5年保証付き・無料交換あり

アットレスキュー「ラピタ・プレミアム」(コンパクトでお洒落)



お洒落な見た目の防災セットです。

防災リュックに見えないので家の中のどこに置いても違和感がありません。

いざという時にサッと持ち出せて避難できるのが防災セットの役割なので、普段から部屋のどこにでも置けるこのラピタはまさにその役目にピッタリ。

防水仕様で反射材もついており、遭難や避難時での上空からの発見にも役立ちます。

容量も24ℓと重すぎず、軽すぎずの適量サイズなので、女性でも持ち運びが手軽に。

楽天「防災ランキング」2017・2018年度で連続1位を獲得したロングセラー商品です。

【リュックの特徴】

・24リットル収納可能

・水に強いファスナー

・ハンドル部分と背面に蓄光材・反射材を使用

・チェストベルト(腰まわり)付き

・テントで使用されているターポン生地を使用(丈夫で水に強い)

【収納アイテム一覧】

防災用エアーマット、多機能ダイナモライトラジオ、尾西のアルファ米(3種)、純天然保存水、ポケットレインコート、単三乾電池、レスキューシート、ウォーターバッグ、ミルクスティック・ライスクッキー、歯磨きティッシュ、エアーマット、簡易救急セット、軍手、からだふきシート、レスキュー寝袋、らくらく圧縮袋、蓄光ホイッスル、お湯のいらないシャンプー、アイマスク&耳栓、防滴ダイヤルランタン、非常用トイレ

【価格】19,800円

防災防犯ダイレクト「地震対策30点避難セット」(防災士が監修)

2012年度のグッドデザイン賞を受賞した防災セットです。

防災士が監修した30点セットということで、安定した収納アイテムを擁していると思います。

熊本地震の際にも被災地で活用されたようで、その後、様ざまな企業・団体・病院等で採用されているとか。

見た目もスマートでコンパクト。スタイリッシュなデザインもおすすめですね。

【リュックの特徴】

・女性や高齢者でも持ち運びしやすい5㎏の軽重量

・火災時の類焼を防ぐ素材を使用

・持ち手部分に停電でも光る蓄光材つき

・防水素材と止水ファスナーを使用

【収納アイテム一覧】

ダイナモ多機能ライト(手回し発電式・LEDライト・携帯電話充電・FMAMラジオ・サイレン)、5年保存水、5年保存缶詰パン(プレーン、オレンジ、黒糖 各1個)、食品加熱袋、加熱剤、非常用簡易トイレ、アルミブランケット、マルチツール、エアーまくら、アイマスク、耳栓、スリッパ、非常用給水袋、緊急用呼子笛(IDカード付き)、レジャーシート、レインコート、カイロ、布ガムテープ、三角巾、単3乾電池、アルコール除菌ジェル、水のいらないシャンプー、マスク、救急セット、緊急時連絡シート、防災アドバイス

【価格】20,800円

まとめ

防災グッズの大切さはよく分かっているけど、自分でまとめるとなると、どれを選んだら良いか分からないという人のために3点を紹介させてもらいました。

防災セットは一度揃えてしまえば、あとはそのまま常備しておけるので非常に便利だと思います。

購入した後は必ず中身を確認し、使用期限や耐用年数をチェックすることが大事です。

定期的に補充や交換を行うようにしておけば完璧ですので、ぜひとも万が一の際の「命の砦」として活用してください。

防災グッズ

続きを見る





Copyright© 防災と災害について考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.