いざという時の備えのために

防災について考えるブログ

おすすめ防災本10選【災害時に役立つ】

2019年11月11日

予測される巨大地震や度重なる台風の被害の影響か、最近は書店やAmazon・楽天などのネット通販でも「防災対策本」が多く取り扱われるようになっています。

今回は自分が持っているものや、これは買おうかなと考えている防災本を紹介していきます。





お奨め防災本10選

必ずくる震災で日本を終わらせないために

防災の専門家による書籍です。

内容は実用的な防災スキルというよりも、専門家的な観点からの「防災への意識」「今ある日本の防災の実情」に焦点を当てています。

建築会社を経て、名古屋大学教授に転身、地震工学・建築耐震工学・地域防災の最前線でアカデミズムと企業や官庁と丁々発止のやりとりをしてきた防災猛者の著者。

「日本を守るためにはホンネで語れ!」が合言葉になっていて、そのあたりのやりとりが読んでいてかなり面白かったです。

「最新技術の活用」「古くからの防災の知恵を生かす」というくだりにも感銘を受けました。

一般人が見過ごしがちな重要な防災ポイントがいくつか挙げられていて、個人的にはかなり参考になります。

日本の未来と、確実にくる大災害を考える上でおすすめの一冊です。

created by Rinker
¥1,980 (2021/04/18 19:51:23時点 Amazon調べ-詳細)

>>書籍レビューをみる

 

プチプラ防災

国際災害レスキューナースによる書籍です。

阪神淡路大震災の実体験と看護師で得た知識を生かした「お役立ち感あり」な防災術が満載。

「防災のためのグッズを買うのではなく、普段生活の中で使っているものを利用する」が著者の防災術のベースになっていて、お金をかけずに実践的な知識が身につきます。

看護のプロならではの医学知識を生かした防災法も充実しており、他の防災本にはない合理的な手法で身を守る術を教えてくれています。

ペットや赤ちゃん、高齢者の避難法にもきちんと対応策を述べていて、災害弱者への目配りも忘れない看護師さんならではの冷静な意見は非常に参考になりました。

他にはない「実用感」が満載の良書だと思います。

 

自衛隊防災BOOK

サバイバルのプロである自衛隊監修の防災対策本です。

いざという時の人命救助や水・食料の確保などを写真付きで優しく解説してくれています。

内容も防災の知識がまったくない人にも分かりやすいように、写真付きで防災対策法が丁寧に書かれています。

続編も出版されており、初版に比べてより普段使いに向いた内容になっています(⇒自衛隊防災BOOK 2

created by Rinker
¥917 (2021/04/18 20:51:22時点 Amazon調べ-詳細)

>>書籍レビューをみる

 

女性のための防災BOOK

女性目線で防災グッズの選定や防災法をまとめた本です。

書籍というよりも、雑誌の防災版という感じで、内容も写真やイラストを中心に分かりやすく優しいフォントを使って編まれているので非常に読みやすいです。

それでいて必要な内容がコンパクトに上手くまとめられていて、女性でなくても参考になる点が非常に多いです。

同じ女性目線タイプの防災雑誌では「クロワッサンの防災BOOK」が高齢者やペットのための防災術が含まれているので、こちらもおすすめです。

 

警視庁災害対策課ツイッター 防災ヒント110

ツイッター上でアップされた防災術を一冊の本にまとめた書籍です。

「警視庁警備部災害対策課」のアカウントは私もフォローしていて、定期的に上げられる防災情報は日々チェックしています。

「日常の防災術」を中心に情報がまとめられています。

思っていた以上に手軽に使える「かんたん防災」な内容が魅力。

普段使いの防災術としておすすめの書籍ですよ。

>>書籍レビューをみる

 

災害時の英語

日本に滞在する外国人をサポートするための防災英語本です。

災害が発生した時に、日本語が分からない外国人だと、被災の状況を掴めずに命の危険のリスクを高めてしまいます。

ほかにも避難や備蓄物資の受け取りなどに支障をきたすこともあり、周りの助けが必要。

そんなときにこの英語本があれば、最低限のコミュケーションが可能になります。

本は見開きで日本語と英語の両方を乗せているので、仮に書かれている英語が読めなくても、話したい内容の場所を指さすだけで意味が通じるのも便利です。

在日外国人が増える中、この本の内容はますます重要度を増していると感じます。

created by Rinker
¥1,760 (2021/04/18 19:51:30時点 Amazon調べ-詳細)

英語で防災情報を伝えよう!「災害時の英語」書籍レビュー!

 

どんな災害でもお金とくらしを守る

ファイナンシャルプランナー、社会福祉士の著者による「災害後の生活再建」本です。

災害直後のお金のこと、火災/地震保険のこと、倒壊した家屋やその再建についての情報などが、程よいバランスでまとめられています。

外部の公的機関のサイト情報も載せているのも良心的ですね。

いざという時に向けて「お金の知識」をしっかりと身に付けましょう。

災害で家が倒壊してしまったら?住まいの再建と公的支援についてまとめ【体験談あり】

 

サバイバル・バイブル

元フランス外人部隊出身という、異色の経歴を持つ柘植氏の著書です。

作家になるのが夢だったという氏は、慶應義塾大学在学中に冒険を求めて外人部隊に入隊。

帰国後は商社のビジネスマンとして活動した後、ミリタリー関連の著作や冒険小説などを中心に作品を多く発表しています。

フィールドワークに重きを置く姿勢は防災本の実務的な内容にも表れており、私も被災した阪神淡路大震災当時は、神戸を取材中の氏と偶然に遭遇してお話をさせてもらったこともありました(⇒災害時に役立つパラシュートコードの紹介と柘植久慶氏との遭遇話

約10年後に出版された改訂版の文庫本「21世紀サバイバル・バイブル」は内容に大幅な加筆とコンパクト化でさらに読みやすく、持ち運びしやすいサイズになっているのでおすすめです。

 

民間防衛~スイス政府編

スイス政府が刊行した家庭用防災ハンドブックの日本語版です。

20年ほど前に初めて日本で和訳本が紹介されて話題を呼んで以来、長く支持を受けている防災本の一つです。

スイスは平和なイメージがありますが、実は国民皆兵(徴兵制)の歴史が長く(800年代~)、今でも国民の義務として兵役を担うシステムが続いています。

非常時の組織づくり(避難所の管理や自警団への応用)や救護・消火活動など、一般的な防災対策法としても使える部分がかなりあり、防災の教養書としておすすめです。

created by Rinker
¥1,650 (2021/04/18 19:51:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

天災から日本史を読みなおす

テレビでもお馴染みの歴史学者である磯田道史氏の文庫本です。

日本の歴史で起きた地震や津波などの災害を、当時の人がいかに生き延びたか、または犠牲者を出してしまったかを、歴史文献を読み解きながら分かりやすく書いています。

磯田氏ご本人も東日本大震災で自宅で揺れを経験したようで、そこから本格的に災害史をまとめようと精力的に活動されている様子。

過去から災害を学ぶのに役立つ、おすすめの一冊になっています。

>>書籍レビューをみる

 

まとめ

これまで買ってきたものと、欲しい防災本のリストを挙げてみました。

内容も自然災害への対処法から、外国人との非常時のコミュニケーション法など、けっこう幅の広い防災本の紹介になっていると思います。

今後もどんどん良い本があれば紹介していきますし、レビュー記事もその都度書いていくつもりです。

増えていけば、今回の記事に追加していきますので、またよければご覧ください。

ads

人気記事

Copyright© 防災について考えるブログ , 2021 All Rights Reserved.