防災についてのあれこれをお伝えします

防災と対策ブログ

クッキング

体を温めて風邪予防になる長ネギとしょうがのコンソメスープの作り方

長ネギとしょうがを使った健康スープの作り方です。

体が冷えて風邪をひきやすくなる冬場にとくに役立ちます。

冬場のねぎやしょうがは常温保存が効くので、災害時の備蓄にももってこい。

スープの素材にするコンソメにはチキンが入っていて、香ばしくてコクがあって美味しいですよ。

ということで、両方の素材の栄養分と、ふたつを併せたスープの作り方を見ていきましょう。

長ネギの栄養分

独特の匂いをもつ青野菜です。

匂いのポイントになるのは「アリシン」

体内のエネルギー代謝を活発にして「疲労回復」「体力回復」に役立ちます。

加えて血行をよくして体を温め、肩こりや疲労の蓄積を防ぎ、神経を鎮め、心身の調子を整えてくれるということ。

葉の部分には粘膜の健康を守るβーカロチン抗菌作用のあるビタミンCを豊富に含んでいますよ。

しょうがの栄養分

味付けや香り付けによく使われる野菜です。

栄養分としては、辛み成分のジンゲロン、ショウガオールを含んでいて、強い殺菌力をもっています。

食欲を増進し、新陳代謝を高めてくれます。

コレステロールの減少や血圧を下げる効果など、優れた健康効果を持っています。

総じて「健胃」「解毒」「消臭作用」をもつ野菜ということですね。

ネギとショウガを使ったコンソメスープの作り方

どちらの野菜も「血行をよくする」「殺菌・抗菌力をもつ」効果があることから、体を温めてくれてウイルスに強い働きがあるということ。

この2つをかけ合わせれば強力な健康効果を持つということになりますね。

ということで、二つの野菜を使ったスープを作ることにしました。

非常に簡単にできますので、材料と作り方を以下に紹介していきますね。

材料

・長ネギ

・しょうが

・コンソメの素

まずはネギをぶつ切りにします。

次にしょうがを擦り下ろします。

この二つを水を入れた鍋に投入して、数分間煮込みます。

そこでコンソメスープを投入。

少し混ぜて完成です。

ネギのシャキシャキ感とコンソメのコク深さ、しょうがのパンチ力がよく効いていて、飲んですぐに体が温まりましたよ。

全て飲み終える頃には体全体がポカポカしてきて体温が2、3度上がった気分になりましたね。

まとめ

調理と言っても数分間で完成するので、男性でも簡単にできるのが便利ですね。

味付けはコンソメスープになるのですが、粉末状のものを使うとすぐに溶けるので楽ちんに作れます。

ネギもショウガも季節を選ぶと保存がしやすいので、災害用の備蓄にも向いてますよね。

体を温めると免疫力がアップするので、ネギとしょうがのダブルコンビは冬場の体調管理や風邪引きの際の体力回復におすすめです。

ちょっとした滋養強壮スープとしてぜひともお試しください。

created by Rinker
808青果店
¥496 (2023/02/04 11:48:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
おろし生
¥405 (2023/02/04 11:48:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AJINOMOTO(アジノモト)
¥498 (2023/02/04 11:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

Copyright© 防災と対策ブログ , 2023 All Rights Reserved.