いざという時の備えのために

防災と災害について考えるブログ

【非常食】保存の効くレトルト食品&缶詰まとめ

2019年5月13日

先日、宮崎県の日向灘で震度5弱の地震が発生しました。

九州で地震発生 宮崎県で震度5弱

日向灘は南海トラフの西端に位置しているということもあって、警鐘されている南海トラフ大地震への影響も懸念されています。

私自身、南海トラフ級の大地震(マグニチュード9)と津波(30メートル)が発生すれば、決して無事ではない地域に住んでいるため、こういった西日本での地震情報にはどうしても敏感になってしまいます。

万が一というのは、いつどこで起こるか分からないもの。

こういった地震の予兆というものは重視しすぎてもしすぎることはありません。

そのときのために防災グッズ、備蓄食・飲料を揃えておくことが重要。

今回はそれらの中でも最もメジャーな備蓄食「レトルト食品・缶詰」を紹介していきます。

スポンサーリンク

保存の効くレトルト食品・缶詰【備蓄用】

サトウのご飯

レトルトパックのご飯では超メジャーなタイプです。

災害時にはお湯に入れて温めて食べることを想定しています。

シンプルですが、一番お腹に優しい食料品ですね。

海苔があれば、より美味しく食べることができます。

created by Rinker
サトウ
¥3,273 (2020/04/09 15:21:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

尾西のごはんシリーズ

アウトドアや防災食としてメジャーなレトルトパック食品です。

乾燥したアルファ米や具合が入っていて、お湯を注ぐだけで美味しく食べることができます。

ドライカレーや五目御飯、チキンライスなどバリエーションが豊かなので、これ一食だけでも十分にお腹が膨れますよ。

備蓄食料には必須のアイテムです。

山菜おこわ実食レビュー>>

チキンライス実食レビュー>>

ドライカレー実食レビュー>>

わかめごはん実食レビュー>>

五目御飯の実食レビュー>>

携帯おにぎり実食レビュー>>

 

レスキューフーズ

お湯なし、加熱なしで調理できる完璧な自給自足タイプのレトルト食品です。

防災食品に特化したこのシリーズの秘密は「発熱剤」。

溶液に発熱剤を入れて沸騰させることでレトルトのおかずとご飯を温めることができます。

出来上がりはレトルト食品とは思えない美味しさで、普通のレストランで出てきてもおかしくない味わいには驚きかされました。

価格は少し高めですが、備蓄必要分を揃えることができるならば、他に必要がないといえる完璧な防災食品です。

created by Rinker
レスキューフーズ
¥3,810 (2020/04/09 15:21:56時点 Amazon調べ-詳細)

レスキューフーズ「和風ハンバーグ」実食レビュー>>

 

缶詰

保存食の王様です。開封しない限りは腐ることがないので、ほぼ半永久的に備蓄することが可能です(もちろん消費期限はあります)

缶詰食品は栄養をそのまま封じ込めているので、特に魚類は体にも良いものが多いですね。

野菜や肉の缶詰があれば完璧ですね。

あとは温かいご飯を用意すれば、日常と変わらない食事が楽しめます。

 

おかゆレトルトパック

白がゆと梅がゆを用意しました。

すでに水分を含んでいるため、余計な水を使わずに済むのが利点です。

温めなくてもこのまま食べることもできるので、非常時に電力を使わない面も防災ポイントになりますね。

塩分もほどよく含まれているので、発汗後の水分・栄養補給にも適しています。

消化が良いのでお子さんや高齢者にも食べられる健康食品になります。

レトルトで保存が効くのが嬉しいですね。

created by Rinker
おかゆ
¥2,700 (2020/04/09 20:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

野菜スープ

カゴメの長期保存用スープです。

常温保存で4年の賞味期限があります。

野菜やビタミン、ミネラル不足が起きやすい災害時では、自然の食材から美味しく栄養たっぷりに食べられるスープは貴重です。

常温で食べられるので、レンジで温めて食べる必要がないのも、電気や水の節約につながりますね。

カゴメたっぷり野菜のスープ実食レビュー

 

【おまけ】混ぜるチキンライス

ご飯に混ぜるだけでそのままチキンライスが味わえる便利なタイプです。

ご飯にまぜることで美味しさを増すことができる調味具材的な役割です。

味付け系のレトルトを食べ尽くしたときのことを想定して急遽、買い足しました。

かなり濃いめの味わいなので、疲れている時に食べると美味しく感じますよ。

 

スポンサーリンク

備蓄量は1週間分を

防災グッズの中でも最も重要なのが「水」と「食料」です。

従来では3日間が食料・飲料水の備蓄の目安でしたが、最近では1週間がスタンダードになってきている感じがします。

我が家もそれに照準を合わせて備蓄を進めています。

飲料水の目安は一人一日3リットルと言われているため、もし4人家族であれば、

【一日分】3×4=12リットル

【一週間分】12×7=84リットル

なので、ペットボトルの水(2リットル×6個)を箱買いした場合は【7箱分】が必要ということになりますね。

まとめ

非常時に役に立つ「レトルト食品のおすすめ一式」を紹介しました。

水不足になりやすい災害時では、調理の際に余分な水を使わずに済むレトルト食品は非常に役立ちます。

さらに発熱剤を使用するタイプのものであれば、水も火力も必要としないので、より災害時に有効な食品になります。

普段からコツコツ買い足しておくと、万が一の時に食料不足にならずに済むので、ぜひ平時のうちに揃えて置かれることを強くおススメします。

【非常食・飲料おすすめ】

災害時の備えに必須アイテム!「非常用食料&飲料水」まとめ

続きを見る

-食料・飲料まとめ

Copyright© 防災と災害について考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.