防災・アウトドア関連の情報発信とアイテム紹介

防災・アウトドア情報ブログ

グッズまとめ

防災・野外用のスキンケア・ヘアケア・マウスケアグッズまとめ

2022年8月24日

災害時やキャンプで水が思うように使えないときのためのスキンケア・ヘアケア・マウスケアアイテムを紹介します。

どちらのシチュエーションも普段の生活に比べて圧倒的に水の使用が制限されています。

そのようなときに体を洗いたい、肌を保護したい、髪の毛を綺麗にしたいと思っても、なかなか厳しいもの。

とくに災害時は自分や家族の身の安全が最優先されるので、体のケアは二の次になりますよね。

今回はこれまで当ブログでレビューしてきたボディケアグッズ系のアイテムや、こういうのが役立つなと思ったアイテムをそれぞれれ紹介していきます。


防災・アウトドアで役立つスキンケアグッズ

体を洗うグッズ

災害時・アウトドアともに「水の使用」は厳しい状況にあることが予想できます。

そのためには事前に十分な用意をしておくことが大事です。

そのためには「水を使わないで体を洗えるグッズ」が必要ですね。

具体的には2点をおすすめしたいです。

・水のいらないボディソープ

・体ふきタオル

ボディソープは災害時やスポーツ、介護などで使われています。

価格は1200円ほどで、コスパも良いです。

体拭きタオルは「大判のウェットタオル」という感じです。

こちらも災害時やスポーツ、介護の現場で使われています。

サッと拭くだけで済むので楽で良いですね。

使い方としては「ボディシャンプーで体を洗った後で、仕上げに体拭きタオルでふき取る」流れがベストではないでしょうか。

以下に商品リンクを載せておきますね。

水のいらないボディソープ

>天然ヤシ油由来のアミノ酸系洗浄成分を配合

>コラーゲンとヒアルロン酸がうるおいを保ち、緑茶エキスが肌を整え、肌にやさしいのが特長

>微香性フローラルの香りが気になるニオイを抑えてすっきり爽快

>化粧水のような使用感の液体タイプ

>ノンアルコール・ノンメントールなので刺激や乾燥を与えず、お子様やお年寄りにも安心

created by Rinker
朝日化学
¥1,260 (2022/10/05 23:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

体ふきタオル】

>超大判・超厚手の30枚

>素肌と同じ弱酸性

>ノンアルコール、無香料、アロエエキス配合

>デリケートなお肌にも、肌のトラブルを軽減

災害時でお風呂が使えないときに便利「からだふきタオル」レビュー

続きを見る

肌を守るグッズ

 

災害時やアウトドアでは日常と違って、こまめな肌ケアが難しい環境にあります。

とくに女性は肌荒れや保湿が気になりますよね。

かといっていつも使っている化粧やコスメアイテムを全て持ち運ぶのは現実的ではありませんし、その時間もなかなかありません。

となると、一つで多くの用途が可能になる「万能コスメ」アイテムが役立ちます。

色々な商品が世の中にありますが、まずはこちらのアイテムがお役に立つかと思います。

・IHADA(薬用とろけるバーム)

資生堂のコスメアイテムで、高精製ワセリンをベースとしたバーム仕立てのため、保湿力はバツグンということ。

防災系の女性レビュアーさんの間でも人気のアイテムで、肌に負担をかけない薬用成分が含まれているので安心してスキンケアできると評判です。

これ一本で肌ケアが可能になるというのも、災害やアウトドア用には助かりますよね。

では以下に商品リンクと概要を載せておきますね。

IHADA(薬用とろけるバーム)

>薬用処方で、メラニンの生成を抑え、「シミ・そばかす」を防ぐ

>赤っぽくなりがちなニキビや肌あれを防ぐ

>ひと肌でとろけてなめらかに広がり、べたつかず、みずみずしい美容クリームのような使い心地

>オールシーズン使える

>敏感肌の方でも毎日使える「低刺激設計」


スポンサーリンク


防災・アウトドアで役立つヘアケアグッズ

こちらもスキンケアと同じく「水が不足しがち」な災害時やアウトドアで役立つアイテムになります。

髪の毛は放置しておくと「ごわごわ」「脂っぽい」状態になりがちです。

野外の環境だとほこりやゴミ、雑菌が髪の毛に付着して不潔です。

なによりも地肌がベトベトしてきて気持ち悪くなりますよね。

なので普段と同じようにシャンプーをしたりして髪の毛や地肌をしっかりケアしたいもの。

そのためのアイテムはこちらになります。

・ドライシャンプー

・ウェット手袋

ドライシャンプーは水を使わずにスプレー噴射するだけで、髪の毛のべとつきを抑えてくれます。

香りのあるタイプは匂い消しにもなるので女性にはおすすめですね。

ウェット手袋は手袋にシャンプー成分を含んでいて、髪の毛を手袋のままでごしごし洗うだけでサッパリします。

水分が滴り落ちてくるということが無いように作られているので、介護用にも重宝されているようですね。

以上の2点を併用するか、交互に使うことで、かなりの程度の髪の毛の不快感を取り除くことができます。

ぜひとも揃えておいてほしいアイテムですね。

ではこちらにそれぞれの商品リンクと概要を載せておきますね。

ポイント

ドライシャンプー

>汗や皮脂によるベタつきを抑え、サラサラふんわりスタイリングをキープ

>エアゾール独特のリフレッシュ感で瞬時に毛穴を引き締める

>気になるニオイを抑え、シャンプーをしたような爽やかさを保つ

>フレッシュシトラスペアの香り

>夕方、髪のベタつきが気になる方に

>スポーツ後や汗をかいた時のリフレッシュに

>ツヤさらスタイリングを維持したい方へ

>皮脂やベタつきを吸収する微粒子パウダー配合

ウェット手袋

>いつでもどこでかんたん洗髪

>頭皮の汚れもしっかりキレイ

>洗い流しやふき取り不要

>フルーティーフローラルの香り(ウンシュウミカン果皮エキス配合)

>ノンアルコール・ノンパラペン

>保湿成分入り

created by Rinker
四国紙販売株式会社
¥980 (2022/10/06 02:49:53時点 Amazon調べ-詳細)
災害時に水を使わずに髪の毛を洗える「ウェット手袋」レビュー!

続きを見る

防災・アウトドアで役立つマウスケアケアグッズ

水を使わずに口の中をすっきりさせてくれるアイテムの紹介です。

歯ブラシによるブラッシングだけなら、災害時やアウトドアでも可能です。

ただその後の口のすすぎやブラシを洗うために「水を使う」ことになります。

少量だと思いますが、それでも水があまり豊富に使えない環境では貴重なもの。

なので災害時もアウトドアもできるだけ「水を使わずに口を綺麗にする」ことが理想です。

さらにいうと、口の中をキレイに保っておくことは健康上も非常に大切です。

命をつなぐためには毎日、何かを食べたり飲んだりしないといけませんし、呼吸をすることで口は常に外気や食べ物、飲料にさらされています。

当然、雑菌が口の中で繁殖することになり、体調を崩して免疫力が落ちれば、口内の悪玉菌が体内で悪さをすることにもつながります。

そのために口の中は常にキレイに保っておくこと。

放置しておくと「息が臭くなる」ので、対人のコミュニケーションでも影響を及ぼしますしね。

ということで、災害時やアウトドアで「水を使わずに」口の中をキレイに保つためのアイテムはこちらです。

・歯磨きティッシュ(歯の表面)

・デンタルフロス(歯の間)

・マウスウォッシュ(口全体)

歯磨きティッシュは薬用成分がティッシュに含まれていて、それを指で包んで歯の表面を磨くことで「虫歯予防」効果をもたらします。

汚れやすい舌を拭くのにも向いているので「口臭予防」にはもってこいですね。

デンタルフロスは歯の間の食べ残しや汚れを取り除くのに向いています。

歯間に汚れがたまることで歯周病のもとにもなりますし、口臭の原因にもなるので、歯間のケアは何気に大事です。

使用は一日一回程度で良いので、使い捨てタイプなら水を使わずに気軽に使用できますね。

マウスウォッシュは最後の仕上げか、最初に使うと効果が高まります。

薬用成分入りで口全体をすすぐので、手軽にマウスウオッシュ出来るのが便利。

忙しいときや朝や昼などに使うのも良いですね。

刺激が強いタイプが苦手な人はノンアルコールタイプを使うと良いですね。

では以下におすすめの商品リンクを貼っておきましょう。

まとめ

災害時やアウトドアなど水が豊富につかない環境で役に足る「スキンケア・ヘアケア・マウスケア」アイテムを紹介しました。

非常時は自分や家族の身の安全を守るために時間や労力が割かれるので、なかなか体のケアには気が向かいません。

ただ災害時の状況に慣れてくると、少しずつ不快感を感じることになるかと思います。

避難時間がながくなるにつれ、その感覚が強くなってきますし、体や精神のストレスも増えてくるので早めにケアしておくことが大切です。

アウトドアではそこまでのストレスを感じることはないと思いますが(もともとは楽しい時間なので)、女性やお子さんは不快に感じたり、不便を感じることが多々あるかと思います。

そうした非日常の環境で体のケアを保つためのアイテムとして、今回お伝えしたグッズ情報が少しでも役立てればなと思います。

その他の衛生アイテムレビュー

傷口の殺菌や保護にサッと役立つ応急グッズ紹介

続きを見る

ジョンソン・ベビーパウダーで足の裏を清潔に保つ方法

続きを見る

非常時に役立つコンドームの使い方を紹介

続きを見る


スポンサーリンク


Copyright© 防災・アウトドア情報ブログ , 2022 All Rights Reserved.