いざという時の備えのために

防災と災害について考えるブログ

地震

住んでいる家が地震に強いか弱いかを見分ける方法

日本は世界でもトップクラスの地震大国です。 過去に何度も大地震が襲っていますし、今でも小中規模の揺れは全国各地で観測されています。 そんな中で大規模地震の到来が危険視されて久しくなります。 首都直下型 ...

住環境の災害リスクと日本の防災の未来を考えてみました

最近の豪雨や地震などの自然災害では、住居が災害によって損壊を受けたり、無事であっても後の生活が大変な状況に置かれるケースが多くなっています。 住居というのは生活する上で必要不可欠なインフラ。 ここをど ...

【震災25年を迎えて】今年も参加した「阪神淡路大震災1.17のつどい」で改めて思ったこと、感じたこと

1995年1月17日に発生し、多くの犠牲者を出した阪神淡路大震災。 2020年で25年になろうとしています。 震災当時は20代前半だった自分も40代。 あっという間に時が過ぎてしまいました。 時間にす ...

地震直後の火災による被害と対策法とは?

今週日曜からNHKスペシャルで首都直下型地震についての特集が組まれています。 シリーズ 体感 首都直下地震 なぜ今この時期に?という疑問が生まれましたが、平成から令和に変わった節目に今一度、地震の現実 ...

地震による建物倒壊の原因は地盤の強弱だけではなかった!

阪神淡路大震災で経験した話です。 マグニチュード7.3、震度7の直下型大地震で、多くの家屋や建物が倒壊しました。 私が住んでいた家もほぼ全壊して、ご近所さんの家々も軒並み全壊状態でした。 前日から私は ...

震度6強と津波速報に驚愕!個人レベルでの安全確保対策を考察してみました

昨夜の18日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生しました。 スマホが何度もアラーム音を出すので「なんだ?」と思いながら見てみると、新潟で震度6の地震が発生という知 ...

【NHKスペシャル 東日本大震災その後】在宅被災者の実態と失われた故郷への思い

2011年3月11日に発生した東日本大震災。 岩手県、福島県、宮城県を中心に、死者・重軽傷者を含めると、2万人近い方々が亡くなった未曽有の災害でした。 震災から8年経過した現在も、原発の問題や、地元住 ...

【津波・地震】歴史と天災、ドローンが果たす災害救助の可能性について

書店で見かけた歴史学者・磯田道史さんの「天災から日本史を読みなおす」を購入し、そこで書かれた防災に関する記述に触発されて今回レビューすることにしました。 その心は「ドローンで津波に巻き込まれた人を救え ...

「1.17のつどい」の帰りに立ち寄った防災ギャラリー「くらしとすまいの安全・安心・未来展」について

今日の1月17日は阪神淡路大震災発生から24年になります。 毎年行われている「1.17のつどい」で被災者を偲ぶ集いも行われ、被災によって家族や親しい人を失った遺族の方や、犠牲者を悼む人々が集って祈りや ...

災害直後に必要な対処法について考えてみた

1月3日18時10分ごろ、熊本県和水町で震度6弱の地震が発生したとのニュースがありました。 この時間はちょうど外で食事をしていまして、帰宅後にネットのニュースで知って「ええ!」と。 熊本県といえば、2 ...

Copyright© 防災と災害について考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.