防災と災害について考えるブログ

防災情報や防災用品のレビュー、災害の実体験を綴っていきます

スポンサーリンク

【防災飲料】被災時の熱中症・発汗対策に!経口補水液・スポーツドリンクの「粉末タイプ」レビュー!

スポンサーリンク

西日本豪雨の復興作業が続く中、連日の猛暑で作業員や避難生活の体力が心配されます。

www.sankei.com

夏場ということもあって、湿気と気温の上昇が体力を奪い、発汗によって脱水症状を起こしてしまう危険性もあるでしょう。

日本全国でも、多くの街や地域が30度以上の気温になるとのことで、災害地域の方たちだけでなく、全国的に熱中症対策が必要になってきます。

夏場に災害が起きると、物資の不足や生活の不便以上に、暑さ対策というのも常に考えなければなりません。

本当に大変ですが、脱水症状を起こしてしまわないためにも、必要な水分を常備する、または自治体が配布することが求められると思います。

今回はそんな被災時の暑さ対策、熱中症対策として、経口補水液やスポーツドリンクの粉末を防災グッズの一環として取り上げることにしました。

 

経口補水液とスポーツドリンクの違いとは?

 

街中のドラッグストアに行くと、経口補水液が飲料棚に並べられているのを見かけたことがあると思います。

テレビCMでも取り上げられる飲料で、暑さが激しくなってきている昨今の日本では、もはや常備品の一つとして認識され始めているのではないでしょうか?

そんな経口補水液とスポーツドリンクの違いについて、健康ブログの方で詳しく取り上げましたので、今回はそこから必要な情報を抽出してみました。

 

【経口補水液】

スポーツドリンクより、電解質(ナトリウム、カリウム)濃度が高い組成になっている

下痢・嘔吐等の脱水症状の治療に用いられる飲料

病院に行けない状況・環境の時や病院に行くまでの応急処置として経口補水液は有効

 

【スポーツドリンク】

ポカリスエット(スポーツドリンク)は日常の発汗時に速やかに補給でき、かつ、おいしく飲める味となるような分量で糖質を配合されている

日常生活や軽い運動時の水分・電解質補給にはスポーツドリンクでも十分である

 

【熱中症対策】経口補水液とスポーツドリンクの違いは?【飲み比べあり】 - 体のケアと健康について考えるブログ

 

通常の発汗時や軽度の運動時にはスポーツドリンクを、脱水症状が激しい場合は経口補水液を、という区分けがされているようですね。

防災時には電気などのインフラが停止していることが考えられるので、エアコンなどの空調設備が機能しない場合があります。

今回の西日本豪雨はまさに夏場での災害で、避難場所になっている体育館もエアコンが無いところも多くあるとか・・・

暑さと湿気、今後の生活の心配など、避難されている方にかかる心身への重圧は相当なものがあると想像します。

せめて暑さ対策として、熱中症予防のための飲料だけでも支援物資や自治体による配布で充実できればと思うのですが。

 

経口補水液やスポーツドリンクの粉末が防災対策に向いている?

 

私の住む関西地域では、近い将来に南海トラフが襲来するともいわれており、そうなれば未曽有の大災害になることが予想されます。

そういうことが起こった時のために、普段から防災用品を充実させておく必要があるのは、各家庭でも同じことだと思います。

今回の豪雨災害のような夏季に発生した災害の場合は、特に水分補給が大切になってきますので、それに合わせて準備を行う必要があるでしょう。

とはいえ、防災用品はできるだけ軽量であるほうが好ましいです。

自宅に備蓄する場合はともかく、避難移動中でリュックなどに詰める用品の場合は、可能な限り軽量にしておくべきだと思います。

水分摂取のためのペットボトルは、500mlを1~2本程度がリュックに収納する場合には限界ではないでしょうか?

そういうときに粉末タイプがあれば、場所や重さを摂らないので便利です。

 

 

私はポカリスウェットの粉末飲料を自宅にまとめ買いして備蓄していますが、経口補水液の粉末もあると聞いたので、そちらを準備しても良いと思います。

スポーツドリンクは経口補水液に比べて味も美味しく飲みやすいので、被災時でも通常の栄養補給の補助として飲むのもありでしょう。

配合されている栄養分も豊富で、水分補給以上のエネルギーチャージにも最適だと思いますね。

 

 

100ml当たり

●エネルギー:28kcal

●タンパク質・脂質:0g

●炭水化物:6.9g

●ナトリウム:50mg

●カリウム:22mg

●カルシウム:2mg

●マグネシウム:0.6mg

砂糖、ぶどう糖、粉末果汁、デキストリン、食塩、酸味料、ビタミンC、塩化K、調味料(アミノ酸)、乳酸Ca、香料、炭酸Mg

 

Amazonより

 

作り方は簡単で、水を適度に注いで飲むだけです。

 

 

同じように経口補水液の粉末も作れると思います。

今回は粉末はスポーツドリンクだけですが、ペットボトルの経口補水液もおすすめです。

 

 

スポーツドリンクよりも色合いは薄めですが、経口補水液の味わいは少し濃いめになっています。

飲みやすさではスポーツドリンクですが、経口補水液は緊急時のための「非常用飲料」として備蓄しておくのがベストだと思います。

 

まとめ

 

被災時は水不足が予想されるため、粉末タイプだけでなく、ペットボトルも併せて揃えておく必要があります。

そのため自宅ではペットボトルタイプ、移動用の防災リュックには粉末タイプというように使い分けるのが良いのではないでしょうか。

夏場に限らず、被災時には栄養が不足することも考えられるので、脱水症状以外の用途としても、スポーツドリンクや経口補水液の準備は不可欠です。

通常時の水分補給に、非常時の緊急対応飲料に、どちらのタイプもおすすめです。

www.bousai1000.com