防災と災害について考えるブログ

防災情報や防災用品のレビュー、災害の実体験を綴っていきます

【防災グッズ】災害時の避難生活にテントを活用しよう!


阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本大震災など、ここ20年の間に大型地震が幾度も日本の国土を襲っています。

そのたびに被災した方々は避難所を一時シェルターとして、家屋が復旧するまでの間、過ごすことを余儀なくされています。

ただ避難所生活はプライバシーが保護されることが少なく、騒音やプライバシー問題で他の避難家族とトラブルにあったり、手狭なために窮屈な避難所生活で健康を害したりと、さまざまな問題があります。

これを防ぐために、近年ではテントの活用が広まっているようです。

 

 

テントが避難生活に向いている理由

 

登山家で有名な野口健さんが全国各地の市町村で避難場所でのテントの活用を前提にした「テント村」の指導を行っています。

www.nishinippon.co.jp

野中さんは、熊本大震災の際にもテント村を開設していたということだそう。

「プライベートな空間があり、周囲の騒音に神経質になる必要がない。特に子供がいる家族に喜ばれた」と述べており、その際の経験を著書に記しているそうです。

震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書)

現地では自治体との確執についても上げながらも、テント村の有効性はあったとし、「普段からレジャーでテントに慣れ親しんで欲しい」と訴えかけています。

テントは野外生活用に設計されているので、避難生活を送る際にも役立つのは想像できるのですが、その他の利点についても納得させられる点が多いですね。

 

・プライベート空間が確保できる

・狭い居住空間によるエコノミー症候群の心配がない

・倒壊の心配がない

・出入り口が確保できる

・通気性が良いので夏場の避難生活に向いている

 

以上は野口さんを始めとした専門家の意見ですが、中でも特に注目したいのが、やはり「プライベート空間の確保」。

災害時はただでさえ精神的に参っているので、ささいなことで家族や近隣の避難者との間でトラブルが発生しがちです。

テントだとある程度の(完璧ではないにしても)プライベート空間が保証されるので、少なくとも人の目を気にせずにいられる安心感はあるでしょう。

特に女性の着替えなどを覗こうとする不届き者が集まる避難所では存在することもあるため、そうした痴漢や性犯罪者をシャットアウトできる安心感は大きいと思います。

www.bousai1000.com

次に注目したいのが、狭い居住空間におけるエコノミー症候群ですが、これは避難所だけでなく、車中泊でも起こり得る症状です。

狭い空間で同じ姿勢を取り続けることで足に血栓ができ、それが肺にまで到達して動脈を詰まらせる症状です。(詳しくは以下の過去記事で解説しています)

www.bousai1000.com

このようなエコノミー症候群を防ぐためにも、自由に手足を伸ばせる空間を確保することが需要になってきます。

その意味でテントはプライベート空間の確保とともに、災害時における病気の大きな一つである血栓症状を予防するために、ぜひとも準備しておきたいアイテムの一つといえるでしょう。

ただテントを張る場所によっては、風や雨によって吹き飛ばされたり浸水の可能性も出てきます。

避難所などの屋内で張れるような環境であれば、テントはかなり強力なアイテムとなりえますが、屋外で張る場合には、風雨のほか、気温の変化を想定して装備を用意しておく必要がありそうです。

 

どのようなテントが避難生活(防災用)に向いているのか 

 

アウトドアメーカーのモンベルによれば、

 

遊びと災害時の両方を想定して、これからテントを選ぶとしたら、「ムーンライトテント」がおすすめです。

災害用に用途を限定して持っておくより、“普段は遊びで使いながら、いざというときには住居にもなる”という意識で、使いながら備えておくことが重要です。

 

「モンベル | 暮らしの中の防災 ~アウトドアの知識をいかす~ 」より

 

としており、以下の理由でムーンライトを推奨しています。

 

ムーンライト

・居住空間が広い

・サイズが多いので、世帯人数に合わせてチョイスできる

・前室(荷物を置ける雨に濡れない軒先)スペースが確保できる

・月明りでも簡単に設営できるように設計されている(商品名の「ムーンライト」は”月明り”が由来)

月明りで設営できるということは、組み立てがそれだけ簡単だということでしょう。

前室にスペースがあるというのも、収納の面で安心材料になりますね。

では他のメーカーのテントも見ていきましょう。

 

ANION

他の専門サイトで紹介されているテントでは、初心者でも15秒ほどで設営できて、持ち運びのできるワンタッチタイプが勧められており、テント設営に慣れない素人には嬉しいテントとなりそう。

 

ケシュア

同タイプのワンタッチ式テントとしては「ケシュア」も推奨されています。

ポールがないため軽量にできており、持ち運びにも便利だとか。

 

コールマン

同じく有名アウトドアメーカーの「コールマン」の「ウェザーマスター」シリーズは、かなりの程度の水圧に耐えるように設計されているため(10,000mm)、屋外でテントを張る際は役立ちそうです。

 

ロゴス

同じく雨風に強いタイプとしては、ロゴステントがあるようです。

タープとしての設営も可能ですので(タープ:支柱の上部にシートが付いた「日差しや風、雨」などを防ぐ広い布)、屋外の使用も最適です。

 

DOD(旧ドッペルギャンガー)

若者に人気のあるブランドです。主にツーリングなどのアクティブなアウトドア用にデザインされたものが多く、災害時にも役立ちそうです。設営時間は約15秒ということで、テント初心者や女性にも嬉しい仕様になっています。片づけ方が少し難しいという意見がレビューでは見られましたが、防災用に臨時に使うのであれば、特に問題ないかもしれません。

 

それ以外のワンタッチテントも専門ショップでチェックできます。

 

まとめ

 

以上、ショップサイトや専門家の情報サイトを参考に「防災テント」の候補を上げさせてもらいました。

私自身は、阪神・淡路大震災の際は自宅が全壊したために、一時避難として家屋以外の場所をシェルターにしていましたが、幸い、被害の少なかった知人の家にお世話になることができ、避難生活の半分ほどをそこで過ごさせて頂いた経験があります(残りは車中泊)。

ただもしこれから大型災害が自分の住む町を襲ったらと考えると、やはりこうした避難用のテントは事前に用意しておく必要があるなと感じますね。

災害はいつどこで起きるのか分からないので、できれば早めに準備しておきたいところ。

他にも様々な防災用テントが販売されていますので、それぞれの予算や環境に合ったタイプを検討されると良いと思います。

【参考サイト】

災害対策できてる?非常時に活躍するテント10選 | hinata

www.bousai1000.com