いざという時の備えのために

防災と災害について考えるブログ

【サバサラ】脂肪を減らすサバの缶詰と玉ねぎのサラダは美味かった!

2018年10月28日

保存食の代表的な食材「缶詰」クッキングです。

中身は「サバ」。

サバといえば、テレビの健康番組でも取り上げられて一躍その「ヘルシー効果」が注目された魚ですよね。

その効果は、

・骨の強化(骨と血合いが丸ごと入っていて、カルシウムとビタミンDが豊富に取れること)

・脳の活性化(DHA)

・脂肪を減らす(EPA)

・満腹感や血糖値の上昇を抑えて中性脂肪を付きにくくする(やせるホルモンGLP-1の分泌がDHA&EHAによって促進される)

ということでに、「骨」「脳」「ダイエット」に良い魚になっています。

取り上げられた番組「林修の「今でしょ」講座」では、健康長寿の高齢の方が毎日食べているというほど、美味で栄養豊富な即席クッキングになっていました。

防災にも健康にも良い「サバの缶詰」を早速食べていきましょう!

「サバサラ」クッキング

まずは作り方を紹介します。

①さば缶をお皿の上に載せる

②蓋を開けてマヨネーズをかける

③その上に玉ねぎをみじん切りにしたものを入れる

④醤油をかけて完成

実に簡単ですね。

ポイントは玉ねぎで、さば缶のEPAは玉ねぎの食物繊維ケルセチンという成分と合わさると「脂肪燃焼効果」が高まるという優れもの。

これはお腹の周りが徐々にタプつき始めた、中高年世代やダイエット中の男性女性にもおすすめできる缶詰料理。

ではその実際の姿をお見せしていきましょうか!

まずは「さば缶」!

国産のサバです!

中身はこんな感じです。

うん、サバの匂いがしますね(ほんのり生臭い)

次に用意するのは刻んだ玉ねぎです。

これをサバ缶の上に乗せるだけ。

いっちゃいましょう。

たっぷりですね。

ちょっとこぼれてしまうので、皿を下に敷いたのは正解です。

少し混ぜます。

うん、いい感じですね。

玉ねぎの辛味のある香りとサバの匂いがちょうど程よくマッチングしてます。

ではいよいよ食べることにしましょう。

「サバサラ」実食タイム

マヨネーズをぶっかけましょう。

これをかき混ぜて完成。

食べてみますと、これがかなり美味しく、想像以上のマイルドさで箸の動きが止まりませんでした。

刻み玉ねぎのシャッキシャキ感と瑞々しさ、マヨネーズのマイルドさが、さばの水煮ととてもよく合っていて、魚独特の生臭さもなく、全体的にシーチキンサラダの味わいになっていましたね。

シーチキンサラダと違うのは、玉ねぎの水分とシャキッと感がさばの脂っぽさを中和していて、そこにマヨネーズのマイルドさが加味されたので、お口に優しい動物性たんぱく質を味わうことができました。

魚の匂いや風味が苦手な人は?

こんな感じで美味しくて体に良いサバ缶詰&玉ねぎ和えですが、やはりどうしてもサバなどの青魚は独特の匂いがします。

それが苦手だという人もいますし、アレルギーで食べられない人もいると思います。

だけどサバに含まれているDHAやEPAは取りたい・・

となると、最も効果的なのがサプリメントになります。

青魚からDHA・EPAを抽出したものだと、サバ缶を食べた時と同じ以上の栄養分が取れるので、実はより効率的なんですね。

なので「青魚が苦手」な人はサプリをおすすめします。

どんなものが良いかというと、やはりサバと同じ青魚から成分を抽出したものがベストです。

化学的にEPAやDHAを抽出しているものもありますが、そういうのはおすすめできません。

私もサプリをサバサラと併用して使っています。

EPA・DHA配合のさかな暮らし

名称そのままで、青魚由来のEPA・DHAが詰まっています。

サバサラなみの栄養分も期待できますので、個人的にはおすすめです。

まとめ

玉ねぎの瑞々しさとマヨネーズのまろやかさに「これが本当に魚の缶詰か!」と目を丸くしながら、バクバク食べてしまった今回のサバサラ実食。

これだけ美味しくて、それなりに脂分も感じることのできる缶詰料理に脂肪燃焼効果があるというのですから、これは番組で紹介してくれた60代後半のお父さんも愛食するはずです。

「さばサラ」のおかげで、今でも元気に力仕事ができるということなので、これは私も週に3回は食べないといけませんね。

サバが苦手な人は、先ほどお伝えしたようにサプリメントで栄養分をとるようにすると良いと思います。

EPAとDHAで体と頭を若々しく保っていきましょう!

EPA・DHA配合のさかな暮らし

Copyright© 防災と災害について考えるブログ , 2021 All Rights Reserved.