いざという時の備えのために

防災と災害について考えるブログ

【西日本豪雨】記録的な大雨!今後の推移と豪雨・土砂災害への対策法は?

2018年7月5日

【5日にかけて西日本の広い範囲が大雨に見舞われています。

高知県の一部で1000ミリ、九州から東海にかけては500ミリを超す雨量になっている様子です。

歴史的大雨で災害続発の恐れ 早めの避難を(日直予報士)

梅雨前線は8日まで本州付近に停滞し、近畿地方を中心に記録的な大雨になる恐れがあります。

f:id:chocomale:20180705222938j:image

滝のような非常に激しい雨が断続的に数日間続き、浸水や洪水の危険も指摘されており、私の住む関西地方でも、今朝未明から叩きつけるような豪雨が降り続けて、出勤の際も長靴を履いて移動しなければいけないくらいでした。

こうした豪雨の際には、農業用水や側溝で流される事故が多発しますが、今回も排水管の詰まりを取り除く作業中に水が流れ込み、一人の方が亡くなられています。

ゴミ除去の作業員3人が水路に流される 1人が心肺停止 - ライブドアニュース

河川や海岸沿いだけでなく、街中の下水や側溝も水位と流れが急激に増して非常に危険な状態になるので注意が必要です。


豪雨の際に気を付けること

先日発生した大阪北部地震の影響で、地盤が緩み、大雨で土砂災害を引き起こす危険性があり、同地域に済む方は警戒が必要でしょう。

その際に注意すべきことは、

大雨になっていて、地面には水分がたっぷりと含まれています。少しの雨でも土砂災害が発生しやすくなりますので、斜面には絶対に近づかないのはもちろん、崖の近くにお住まいの方は、なるべく崖とは反対側の部屋で過ごして下さい。危険を感じたら、早めに避難をすることも大切です。小さなお子さんやお年寄りがいる家庭では、避難勧告が出る前に、自主的に避難することを考えて下さい。雨や風がひどくならない内に、外が明るい内に移動した方がより安全です。また、川は増水している所もありますので、安易に近づかないようにして下さい。

歴史的大雨で災害続発の恐れ 早めの避難を(日直予報士 2018年07月05日) - 日本気象協会 tenki.jp

となっています。

山の斜面や河川、崖に近づかないこと、自主的避難を想定すること、明るい内での移動、がポイントになるようです。

また今後の数日間で雨が降る地方と、雨量の経緯は以下のようになることが予測されています。

【九州から東海】

・8日ごろまで広い範囲で大雨が降り続ける

・7日昼までに、東海地方や四国で800ミリ近い雨量の恐れ

【北陸・甲信】

・7日までが警戒期間

・福井県を中心に7日昼までに大雨の恐れ

・500ミリ近い雨量の可能性

【関東】

・山沿いを中心に雨

・7日いっぱいまで大雨に注意

・神奈川県西部の山沿いに発達した雨雲

【東北】

・7日に大雨の警戒レベル

歴史的大雨で災害続発の恐れ 早めの避難を 

西日本は8日まで、その他の地域は7日が大雨のピークになるようです。

大雨・豪雨に個人で可能な対策とは

今回の大雨は梅雨前線の影響によるものですが、台風が到達した際にも同様の豪雨が発生する恐れがあります。

夏から秋にかけて台風シーズンとなるので、これからも警戒が必要です。

万が一、大雨による土砂災害の危険が感じられたら、

・雨量、水位などの情報の収集に努める

・浸水する恐れのある家は、電化製品や家具を2階に上げる

・浸水の初期の段階では、二重にしたゴミ袋に水を入れて「簡易水のう」にし、玄関の前に隙間なく並べる

・土砂災害の危険がある地域に住む場合、高齢者、乳幼児、障碍者がいる家庭は、早めに自主避難する

・単独で逃げず、近隣住民と行動する

・自動車は水に囲まれて立ち往生するリスクがあるので避ける

参照元:なるほど知図帳 日本の自然災害 (地図帳 | マップル)

などの対策法が勧められています。

避難時の服装・装備は以下が推奨されています。(上記の参照書籍より)

ヘルメット

>>頭部の保護は全ての災害時に必須

⇒【防災グッズ】谷沢製作所のヘルメットを購入!抜群のフィット感と深めの被り心地がよかった!

非常用持ち出し品を詰めたリュック

>>両手を空けるために必要

軍手

>>ヘルメット同様、災害時の必須アイテム

雨具

>>風でめくれない「セパレート」タイプを推奨

⇒台風など暴風雨にも使える強い傘や関連アイテムを紹介!

運動靴やトレッキングシューズ

>>長靴は水が入ると歩きにくくなるため(防水性の強いタイプを選びましょう)

⇒【防災グッズ】収納と持ち運びがすごく便利な「折りたたみ靴」レビュー

杖や長い棒

>>冠水した道路を歩く際に足元の安全を確認するため


以上が対策用のアイテムです。

軍手は耐切創タイプが良いかと思われます。

以前に防災番組で取り上げられましたが、このタイプの手袋は耐久性が非常に強いので、災害時の活動に有用です。

ヘルメットや防災靴、軍手やトレッキング用のスティックなど、普段から簡単に入手できるものばかりなので、事前に準備しておきたいものです。

まとめ

近年は異常気象というべきか、国内ではこれまでにない豪雨や地震が多発しています。

暑さも年々、強まっているようで、このままいけば日本は亜熱帯気候に代わってしまうのでは?と思うくらいに、気候の変化が著しいですね。

地球規模での気象の変化によるものなのかは分かりませんが、この傾向は強まりこそすれ、なくなることはないかと思います。

今後も今回のような大雨が頻繁に発生する可能性もあり、注意してみておく必要があるでしょう。

自治体が配布する防災マップを手元に置き、避難先などをチェックするようにしてください。

暴風や豪雨をともなう台風対策まとめ

毎年、夏から秋にかけて台風が多く発生し、日本列島を横断・縦断します。 昨年(2018年)7月には近年まれにみる豪雨災害で西日本を中心に大きな被害が出ました。 【西日本豪雨】災害時の洪水と土砂崩れから身 ...

続きを見る


人気【災害時の備え】非常用食料&飲料水まとめ

人気【防災用】電気自動車・ドローンについて


スポンサーリンク





-台風・水害対策まとめ

Copyright© 防災と災害について考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.