いざという時の備えのために

防災と災害について考えるブログ

災害時の糖分補給・リラックスに良いハッカ飴を紹介します

2020年4月28日

防災用スイーツの紹介です。

これまでいくつも甘い物系の防災食品を食べてきましたが、今回はその中でも「ハッカ飴」のレビューを進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハッカ飴を選んだ理由

飴は「氷砂糖」がアウトドアや非常食として有名ですね。

私も自宅の防災セットの中に氷砂糖を一袋入れています。

氷砂糖は賞味期限のない備蓄用スイーツ!優しい味わいで長期保存に最適!

ほぼ永久に保存が可能ですし、甘さもあって、ひとかけらが大きいので、ストレスがたまりがちな災害直後の生活ですごく役に立つんですよ。

優しい甘さで癖はないのですが、それでもずっと舐めているとさすがに「飽きて」きます。

なので自分の中で「もっと刺激的な甘いものが欲しいな」と思うようになってきまして。

で、子供の頃によく食べていた「ハッカ飴」が頭の中に浮かんだのです。

ハッカにはメントールが含まれていて、胃の働きを活発にしたり、リラックス効果が望めるハーブ。

災害時ではストレスや緊張で胃腸の動きも悪くなりますし、疲れもなかなか抜けないものです。

それを癒してくれるハッカ入りの飴ならば、「スッキリ」した気分になれて疲労回復にも良いのではと思ったわけなんですね。

スポンサーリンク

ハッカ飴のレビュー

では購入したものを紹介します。

北海道の北見市にあるハッカを扱う会社「北見ハッカ通商」の商品です。

昭和初期から販売されていて、当時はベストセラーだったとか。

古く懐かしのハッカ飴の味わいを今でも伝える同社の商品は、果たして私の口にどのような影響をもたらすのでしょうか?

パッケージの袋もハッカに合わせた色。

木の葉をイメージした凝ったデザインがいい感じです。

厚みもあって頼もしい。

手のひらに載せてみましょうか?

葉脈までデザインされているのがすごいです。

口にいれてみると、香りは意外にマイルド。

むしろアイスのような柔らかいバニラ風の香りが優しく口の中に広がります。

味わいもすごく穏やかで、氷砂糖に近い優しい味わい。

ハッカの風味は想像していた以上に落ち着いていて、心地よい穏やかな風味を甘さと共有していますね。

上品な爽快感とほどよい甘さで、非常時の活動で疲れた体や気持ちの高ぶりをスッと落ち着かせてくれる良品です。

まとめ

落ち着いた味わいで口の中と気持ちを穏やかにしてくれたハッカ飴。

氷砂糖ほどの大きさはないのですが、そのぶん一粒をゆっくり舐める習慣がつくと思いますね。

ハッカが持つ「胃腸の動きを活発にする」「リラクゼーション効果」はまさに防災対応にふさわしいもの。

紹介してきた他の防災スイーツと同様に、スモールサイズのジップパックやナイロン袋に小分けして、いざという時のためにバッグやリュックの中に詰め込んでおきましょう。

created by Rinker
特産ジャポン
¥2,300 (2020/06/03 06:30:47時点 Amazon調べ-詳細)
【防災用スイーツランキング】災害時におすすめのおやつ11選

続きを見る


おすすめ自分で揃えるのが面倒な人におすすめ!防災セット5選

おすすめ地震や停電時に役立つキャンピングカー情報・車中泊で注意すべき点


スポンサーリンク

-甘い保存食

Copyright© 防災と災害について考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.