防災と災害について考えるブログ

防災情報や防災用品のレビュー、災害の実体験を綴っていきます

スポンサーリンク

「ごごナマ 知っトク!らいふ」で紹介された災害食に挑戦! 【レスキューフーズ/和風ハンバーグライス】

スポンサーリンク



先週のNHK「ごごナマ 知っとく!らいふ」で紹介されていた防災食のレビューです。

www.bousai1000.com

防災専門家の先生、おススメのパック式災害食「レスキューフーズ」。

火を使わずに調理できるということで、かなり面白い商品だなと思いました。

 

 

番組では牛丼を調理していましたが、パックに発熱溶剤を入れて温めて出来た料理は、かなり本格的な牛丼!

実際に食べた司会者や船越さんも「これは普通に美味しいな~」と絶賛していたので、私も強烈に欲しいという気分が高まってきてしまいまして(笑)

前回の記事でも書いたのですが、このときに即効で注文してしまったのですよ。

 

 

2日後くらいに到着。(by アマゾン)

今回は奮発して「牛丼」「シチュー&ライス」「カレーライス」「和風ハンバーグライス」の4種類を購入しました。

 

 

けっこう大きさもありますし、手に持つと重量もあります。

番組でも、調理完成後のボックスはかなり食べごたえがあるとのことでしたので、これはいいものが期待できそうです^^

ということで早速、次章からレビューといきましょう!

 

「和風ハンバーグライス」調理レビュー開始

 

まずは和風ハンバーグライスから。

 

 

 

晩御飯のときに作ることにしました。

その理由は、その日のおかずが「八宝菜」だったから。

実は私、件の料理が大の苦手でして。

あのトロリ感と野菜の水っぽさがなんとも口に合わないというか・・

なので、今回はパスさせていただいて、この災害食で腹を膨らまそうという計画です。

なので頼むよ!和風ハンバーグ君!

 

おうよ!

 

中を開けてみると、

 

 

ご飯パック、おかずパック、発熱剤、発熱溶液、レンゲ、紙ナプキン、加熱袋の7種が入っていました。

 

 

まずは発熱剤を加熱袋の中に入れるところから始めましょう。

 

 

開封して中身を取り出します。

 

 

 

加熱袋にイン!

 

 

次に取り出したりますは、ご飯パックとおかずパック。

 

 

この2つを先ほどの加熱袋に入れて、中に敷いてある発熱剤の上に置くようにします。

 

 

そのまま袋ごと、箱に入れてしまいます。

 

 

次は発熱溶液のご登場です。

 

 

これが今回のレスキューフーズの最大の立役者で、これがあるからこそ、温かい料理が食べられるというもの。

どんな中身をしてるのでしょうか?

 

 

匂いもなし、サラリとしてて、ごくごく普通の水のようですね。

ではこれを箱に入れた加熱袋の中に注ぎましょう。

 

 

注いだ後は、袋のチャックをしっかり締めて、そのまま待ちます。

すると・・・

 

 

 

 

あっという間に袋の中に湯気が充満し、熱くなってきました!

それも相当の熱さなので(90度)、触ると火傷しそうなくらいです。

袋に空いた穴は湯気の逃げ道だったということを、このとき初めて気づきました。

 

 

 

40分待って、だいぶん湯気も収まったので、中のご飯とおかずを回収します。

  

 

 

無事回収。

 

 

ではさっそく、ご飯パックを開けてみましょう!

 

 

おお!

 

 

おおお!

 

 

予想以上にふっくら炊けていて、柔らかい感じです。

香りも甘いご飯のいい匂いが出てて、普通に美味しい炊き立てご飯ですね~

では続けて、おかずパックを開封。

 

おお!

 

おおお!

 

キャーッ!

 

思わず黄色い声をあげてしまったくらい(注:40過ぎのおっさんです)、ふかふかのご飯にかけられたアツアツの煮込みハンバーグの美味し気なルックスとフレーバーは、あまりにも衝撃的過ぎます。

これは果たして防災食といえるのか?

もはや普通の「ほか弁」とか「HOTMOTTO弁当」の水準に軽く達してしまっているんじゃないか?

 

 

ということで、次からいよいよ待望の実食といきましょう!

 

「和風ハンバーグライス」実食レビュー開始!

 

先ほどまではキッチンで調理していたので、実食時はダイニングのテーブルに移動します。

 

 

ビールも添えて、本格的な夕食に突入!の図ですね。(一応ノンアルコールを用意しておきました)

ではまずは一すくい。

 

 

いい感じですね~

野菜の煮込みの香りが鼻に優しいです。

ご飯にも程よく染み込んでる感じですね。

では次はハンバーグをば。

 

 

これも美味しそうに出来上がってます。

ミニハンバーグなので、よくあるハンバーグとはイメージが違うのですが、コロコロと軽めの質感で仕上がっていて食べやすそうです。

 

 

見た目通り、柔らかい切り口です。

中もしっかり温まっています。

実際の味わいですが、ご飯はふっくらしていて、野菜の煮込みの出汁も濃い目で、とても美味しい。

ハンバーグも柔らかくて、さっぱり食べやすくて普通に旨いですよ。

なにより野菜の出汁が濃い目なので、ご飯が進むことおびただしいです。

量もたっぷりあって、成人男性が食べてもお腹が満足するくらいのボリュームは十分にありますね!

 

まとめ

 

種類こそ違えど、番組でレビューしていたとおりにボリュームたっぷりだった、レスキューフーズの一食ボックス第一弾「和風ハンバーグライス」。

ほんとうにこれ非常食なの?というくらい、中身も充実していますし、加熱のレベルも電子レンジなみです。

もちろん味も質感もまったく問題がないので、これは本当にいい商品ですね。

私が被災した20数年前は、たぶんこういう商品は出回ってなかったのではないかなと。

もし当時にこれがあれば、どれだけ被災者の胃袋や心が救われただろうなあ、と思いますね。

災害時に温かくて量があって、炭水化物とたんぱく質と野菜がたっぷり詰まった非常食を食べれば、必ず元気がでますから!

ということで、すでに第一弾の実食レビューだけで、お腹いっぱいになった感がありますが、次回以降も残り3つのレスキューフーズを実食してみたいと思います。

ただ次からは、調理方法は多少簡略化すると思うので(どの商品も調理の過程は同じなので)、そのあたりはご了承いただければと思います。

では今回はこのへんで!

 

「防災食」カテゴリ

www.bousai1000.com

www.bousai1000.com

www.bousai1000.com