防災と災害について考えるブログ

防災情報や防災用品のレビュー、災害の実体験を綴っていきます

スポンサーリンク

【防災食】シンプルな塩味が胸にしみる!「わかめごはん」実食レビュー

スポンサーリンク



防災食レビューシリーズ第4弾です。

今回の防災食は、シリーズ中、最も地味な「わかめごはん」。

今までに食べたチキンライスやドライカレー、山菜おこわなどに比べると、具材の数が極端に少ないので、「おい、これ大丈夫か?」と少し心配になるほどです。

でもアマゾンのレビューでは意外に高評価だったので、味のほうはなかなかのものなのかもしれないと思い、購入しました。

実際に商品を見てみると、その名のとおり、ご飯にダシとワカメを混ぜただけのシンプルなものなんですよ。

やはりダシに秘訣があるのかな?と思い、試してみるとですな・・・

  

実食開始!

 

 

配合具材は「うるち米、乾燥わかめ、昆布エキス」などがメインです。

調味料が入ってますが、それも最小限ですね。(ホタテエキスが気になる)

やっぱりダシがポイントだったのか!

 

 

中は、さっらさらのわかめご飯がみえます。

 

 

脱酵素剤とスプーンを取り出して、お湯を入れましょう。

 

 

15分待って、

 

 

出来上がりです。

スプーンで少しほぐして、

 

 

皿に移しましょう。

 

 

う~ん、磯の香りがしますよ。

 

 

わかめがぎっしり詰まってます。

この香りはどちらかというと、昆布だしかな?

 

 

食べてみると、塩味とわかめの風味がほどよくきいて、なかなか美味しいです。

シンプルだけどパンチがある味わいですね。

普通のおにぎり風味を想像してたけど、使われてるダシがけっこう複合技が多い感じなので、意外に奥深いです。

 ただちょっと塩っぽいので、喉が渇くかもしれませんね。 

まずまずの味という感じです。

癖のある味が苦手な人なら、この「わかめごはん」がおススメですね。

特に非常時や被災した後の食事では、意外とこういったシンプル系の食材が胃腸にも優しいでしょうし、普段使いの味がするので、日常の精神状態を取り戻すのに良いのかもしれません。

もしこれだけで「うすいな」と感じるようなら、他の非常食系のおかずと組み合わせて食べると、ちょうどバランスが取れてよいでしょうね。

今度アウトドアに出かけることがあれば、一度、濃いめのものと、このわかめごはんを現地で食べて試してみたいと思います。

 

「防災食」カテゴリ

www.bousai1000.com

www.bousai1000.com

www.bousai1000.com